おすすめFX会社ランキング2020年版!全31口座を一覧表で徹底比較

FX口座人気ランキングFX会社
FX初心者
エフ男

FX口座って、結局どこが一番いいんだろう?

FXの口座選びは利益を左右する大切なポイントですが、中には初心者では気づきにくいデメリットが潜んでいる場合も多々あります。

エフ男
エフ男

前置きはいいから、初心者でも使いやすい口座をサクッと教えておくれよ

少額取引できて初心者に最もおすすめなのは、トレイダーズ証券のみんなのFXです。

他にもランキング形式で紹介していきますが、まずはFX会社のスペック比較表をご覧ください。

FX会社最小取引単位おすすめ度取引ツールスプレッドスワップ詳細ページ
みんなのFX1000詳細
LIGHT FX1000詳細
トライオートFX1000詳細
FXブロードネット1000詳細
アイネット証券1000詳細
SBI FXトレード1詳細
外為どっとコム1000詳細
FXプライムbyGMO1000詳細
外為オンライン1000詳細
外為ジャパン1000詳細
マネースクエア1000詳細
シストレ245000詳細
ヒロセ通商1000詳細
JFX1000詳細
ひまわり証券1000詳細
セントラル短資FX1000詳細
ワイジェイFX1000詳細
SBI証券1万(※)詳細
マネックス証券1000詳細
ネオモバFX1非公開詳細
LINE FX1万(※)詳細
GMOクリック証券1万(※)詳細
DMMFX1万(※)詳細
松井証券1000詳細
マネーパートナーズ100詳細
楽天FX1000詳細
新生銀行1000詳細
住信SBIネット銀行1000詳細
じぶん銀行1000非公開詳細
ソニー銀行1万(※)非公開詳細
ジャパンネット銀行1000非公開非公開詳細

※ 最小取引単位が1万通貨のFX口座では少額取引ができず、米ドル/円での取引に最低でも4〜5万円もの資金が必要です。これからFXを始める場合は、少額(1000通貨)から取引できるFX口座を選びましょう。

エフ男
エフ男

FX口座って、こんなにもスペックに差があるんですね…!

以下、各FX口座のデメリット注意点も紹介します。

おすすめFX口座ランキング TOP12

初心者にお勧めの業者

トレイダーズ証券のみんなのFXは、1000通貨対応のため約4000円という少額からFX取引ができます。取引ツールはこんな感じ。

FXチャート

【↑拡大できます】

エフ男
エフ男

なんだかシンプルかつスタイリッシュで、初心者でも使いやすそうですなぁ

みんなのFXは、スワップポイントが最高水準&スプレッドも業界最狭水準

元々スプレッドに関してはパッとしなかったのですが、2018年の後半ごろからどんどん好条件になってきています。

LIGHT FXは初心者にオススメ

みんなのFXと同じくトレイダーズ証券のFX口座、LIGHT FX!みんなのFXとの違いはこんな感じです。

 LIGHT FXみんなのFX
最小取引単位1000通貨1000通貨
取引手数料無料無料
通貨ペア数27ペア27ペア
FX以外のサービス無しみんなのシストレ
みんなのオプション
キャッシュバック額
(当サイト限定!)
最大53,000円最大53,000円
イメージキャラクターのん
(旧芸名:能年玲奈)
鈴木奈々
公式サイトの雰囲気なんかロマンチックややフレンドリー
公式サイトLIGHT FXみんなのFX
FXトレーダー
エフ男

単にイメージキャラクターが違うだけなのでは…?

スプレッドやスワップポイントなどのスペックは、みんなのFXとほぼ同じです。

ただ、みんなのFXでは自動売買のみんなのシストレやバイナリーオプションのみんなのオプションも同時開設されてしまうのですが、LIGHT FXでは通常のFX口座のみ単独で口座開設可能です。

気軽(ライト)に通常のFX取引のみ始めたい場合は、LIGHT FXの方がおすすめですよ。

ランキング上位のFX口座

トライオートFXは、初心者から中上級者まで総じておすすめの自動売買。レンジ内で細かく注文を繰り返してくれます。

トライオートFXの機能

リストから選ぶだけで自動売買が始められる機能も搭載されているため、初心者でも安心!

同じくインヴァスト証券のシストレ24は最小取引単位が5000通貨ですが、トライオートFXは1000通貨のため少額から自動売買が始められます。

業者を比較中の人
エフ男

ほほう〜、両方とも始めてみたいんだけど、どっちから口座開設しよっかなぁ

トライオートFXシストレ24セットで開設されますので、どちらかを口座開設すれば両方とも利用できます。

初心者にお勧めのFX業者

FXブロードネットは、取引コストの満足度が非常に高いFX会社。トラッキングトレードという自動売買も利用できます。

自動トレード

一度設定をしておけば、私たちが仕事しているときも寝ているときも勝手に最適なタイミングでトレードしてくれます。

トラッキングトレードのランキング

利益率の高い注文方法をランキング形式で提示してくれているので、その中から選択するだけでOK!

実はこのトラッキングトレード、外為オンラインからライセンスを受けているため、このあと紹介するiサイクル2取引とほぼ同じ仕様。

しかし、FXブロードネットの方がスプレッドが狭いため、トラッキングトレードの方が低コストで自動売買ができておすすめですよ。

少額対応のおすすめ口座

アイネット証券ではトラッキングトレードなどと同じく、自動的に注文を繰り返してくれるループイフダンという自動売買も利用できます。

同様の自動売買であるiサイクル2取引トラッキングトレードは、1万通貨あたり片道200円の売買手数料が発生してしまいますが、ループイフダンは売買手数料が無料(その分スプレッドは広め)です。

SBI FXトレード

SBI FXトレードは最小取引単位が1通貨のため、約4〜5円という超少額で取引が始められます。

…が、取引ツールの仕様などは初心者向けとは言い難く、初めて取引する場合は扱うのがちょっぴり難しいかもしれません。

外為どっとコム

外為どっとコムでは、自動的にチャート分析をして為替予測をしてくれるチャートも利用できます。

また、通貨ペアごとにシグナルも一覧表示してくれるため、売買タイミングも分かりやすくておすすめですよ。

オススメのFX口座

FXプライムbyGMOは、高金利通貨のスワップポイントが高くておすすめのFX口座。

ちなみにGMOクリック証券も「GMO」がついていますが、会社自体は別々です。運営会社が違うため、通貨ペア数や最小取引単位も異なります。

GMOクリック証券では自動売買はできませんが、FXプライムbyGMOではちょいトレFXという自動売買も利用可能!

さらにFXプライムbyGMOでは、スキャルピング(超短期売買)も公認しています。

スキャルピングを禁止しているFX会社は意外と多く、場合によっては口座凍結される場合もあるので気をつけてくださいね。

スキャルピングを公認しているのは、ごく一部のFX会社だけです。

詳しくは「FXスキャルピングで稼ぐには?やり方・手法・勝ち方まとめ」にて解説しています。

外為オンラインは初心者におすすめ

外為オンラインスプレッドが広めというデメリットがあるのですが、初心者でも(そこそこ)使いやすくておすすめですよ。

自動売買のiサイクル2取引では、先ほど紹介したトラッキングトレードやループイフダンと同じく注文を細かくリピートしてくれるため、効率よく利益を生み出すことができます。

一押しFX業者

外為ジャパンは、スプレッドが狭いだけでなく提示率が高いのも特徴です。サポートなども充実していて、電話だけでなくLINEでのお問い合わせもOK。

DMM FXと同じくDMM.com証券が取り扱っているFX口座のため、スプレッドやスワップポイント、取引ツールの仕様などはDMM FXとほぼ同じなのですが、外為ジャパンの方が少額からFX取引ができます

DMM FXとの違いは、「外為ジャパンの評判はイマイチ…?DMM FXとの違いも徹底解説!」をご覧ください。

おすすめFX口座

トラリピという自動売買でお馴染みのマネースクエア

トラリピはトライオートFXループイフダンなどと同じくリピート系の自動売買なのですが、スプレッドは広めに設定されています。

高機能なFX会社

インヴァスト証券のシストレ24は、自動売買でおすすめのFX口座。

シストレ24にはフルオートという機能があり、プログラムの入れ替えまで自動でしてくれるため、初心者でも簡単に自動売買が始められます。

手軽さはバツグンではあるのですが、最小取引単位が5000通貨のため、上で紹介してきた自動売買よりは多くの資金が必要です。

先ほど紹介したように、インヴァスト証券はトライオートFXという自動売買も取り扱っており、こちらでは1000通貨単位から取引できます。

↑おすすめのFX会社一覧に戻る↑

要注意!おすすめできないFX口座

ジャパンネット銀行住信SBIネット銀行など、ネット銀行でFXを取り扱っているところもあります。

が、しかし!これらネット銀行系のFX口座は、初心者が気づきにくいデメリットがめちゃくちゃ多く潜んでるため、全くおすすめできません

住信SBIネット銀行や新生銀行は米ドル/円のスプレッドが0.5銭もしますし、ジャパンネット銀行に関してはスプレッドもスワップポイントも公式サイト上で非公開

実際のスプレッドは3銭前後のため、めちゃくちゃ高額な取引コストが発生します。

リピート系自動売買の場合は3銭ほどのスプレッドがかかる業者もありますが、裁量トレードでこれだけのスプレッドをかっさらっていく業者はなかなかないでしょう。

ネット銀行自体が知名度があるからといって、FX口座も良心的な仕様とは限らないので要注意です。

【ヤバい】ジャパンネット銀行(JNB-FX PLUS)でFXをしてはいけない4つの理由
JNB-FX PLUSは、ジャパンネット銀行の利用者かつ投資初心者が「ジャパンネット銀行ってFXもできるんだぁ〜。ちょっとだけやってみようかな」的に始めるのを狙っているのだと思いますが、他のFX口座に比べ怪しげな部分が多々ありますし、全くおすすめできません。
要注意!住信SBIネット銀行(Oh! FX)でFXを始めてはいけない全理由
住信SBIネット銀行の「Oh! FX」は、ぶっちゃけFX業界では全然知名度もないですし、住信SBIネット銀行自体が有名だからといって必ずしも好条件な口座とは限りません。むしろOh! FXはデメリットが目立つ口座ですので、全くおすすめできません。
じぶん銀行FXはスプレッドが広い(=取引コストが高い)ので要注意
じぶん銀行FXのデメリット、口コミ・評判も紹介します。じぶん銀行FXは決しておすすめできるような口座ではありませんし、特に初心者の場合はジワジワと損し続ける可能性が高いので要注意!他社よりもスプレッドが広いため、取引コストが高くなってしまいます。
新生銀行FXの評判はイマイチ?「なんとなく」で始めると大損の可能性も!
新生銀行FXを一言でまとめてみると「他の銀行系FXよりは好条件だが、決定的なメリットはなし」って感じです。他の銀行系FXに比べ、めちゃくちゃデメリットが目立つというわけではありませんが、あえて新生銀行でFXを始める理由も見当たらない…というのが正直な感想です。

おすすめFX会社ランキング まとめ

各FX会社によってメリット・デメリットは異なりますので、初心者の場合は最低でも2社以上は開設しておくのがおすすめです。

儲けているトレーダーこそ、複数の口座を保有してそれぞれ良いとこ取りをしているんですよ。

おすすめのFX口座をピックアップしてみましたが、いくつか開設して実際に使ってみるのが1番!ぜひ、あなた自身にあったFX口座を見つけてみてくださいね。

↑おすすめのFX会社一覧に戻る↑

少額で取引できるFX口座の一覧です。今回ピックアップしていないFX口座も紹介しています。

↑おすすめのFX自動売買を種類別に紹介しています。

Macでも取引できるFX口座一覧です。まだFX口座を持っていない方はご存知ないかもしれませんが、取引ツールがWindowsにしか対応していないFX口座も多いのです!

「せっかく開設したのに使えなかった…」という悲しい事態に陥らないよう、Macユーザーの方は事前に確認しておくことをお勧めします。

↑おすすめのFX会社一覧に戻る↑

本ランキングは、当サイトからのお申し込み数(2020年8月1日~9月9日集計)を基に作成しています。