じぶん銀行FXはスプレッドが広い(=取引コストが高い)ので要注意

じぶん銀行FXとは? FX会社比較
通貨ペア数12ペア
最小取引単位1000通貨(※1)
取引手数料無料
取引ツール
スプレッド
スワップポイント非公開
※1 南アランド/円は1万通貨。

画像出典:じぶん銀行FX

じぶん銀行利用者
エフ男

ネット銀行系のFX口座って、スプレッドが広くて取引コストが高いことが多いみたいだけど…じぶん銀行はどうなのかな?

じぶん銀行は「じぶん銀行FX」というFX口座を取り扱っていますが、やはり他のネット銀行系のFX口座(ジャパンネット銀行など)と同じく取引コストが多くかかります

特にこれから初めてFXをする場合は、より好条件で取引できる口座を利用するのがおすすめですよ。

以下、じぶん銀行FXの初心者では気づきにくいデメリットを暴露していきます。

必ずチェック!じぶん銀行FXの大きなデメリット 3つ

スプレッドが広く、条件によってさらに広がる

じぶん銀行FXの公式サイトには、取引手数料について下記のような説明があります。

手数料はすべて無料、米ドル/円のスプレッドは2銭

初心者の方は取引コストがかからないと勘違いしてしまいそうですが、この「スプレッド」こそがFXの実質的な手数料

じぶん銀行FXは他社よりもスプレッドが広いため、取引コストが高くなってしまいます。

外貨投資家
エフ男

米ドル/円のスプレッド0.3銭の口座も多いなか、2.0銭はかなり高いですね…

ちなみにこちらは「通常」コースの場合ですので、少額取引できる「ミニ」コースはさらに広がります

また、じぶん銀行FXのスプレッドは適用時間が短いため、早朝などの時間帯はもっとスプレッドが広がっている可能性が高いです。

公式サイトには、気づきにくい場所にひっそりとこんな注意書きがあります。

上記スプレッドの適用時間は、9:00~翌4:00となります。

なるべく取引コストを抑えたい場合は、じぶん銀行FXは利用しない方がいいでしょう。

スプレッドが狭くて低いコストで取引できる口座は、下記のページにて紹介しています。

FX経験者に選ばれていない

じぶん銀行FXの公式サイトには、下記のような宣伝文があります。

10人中9人がはじめてのFXでした

「初心者でも使いやすい」という意味に捉えてしまいそうですが、決してそういう理由ではないでしょう。

なぜなら、じぶん銀行FXは知名度も非常に低く、メリットも少ないFX口座。経験者があえて利用する意味が全然ないのです。

じぶん銀行利用者
エフ男

むしろ、FX口座の比較対象から弾かれていることがほとんどなので、じぶん銀行がFX口座を取り扱っていることさえ知らない人の方が圧倒的に多そうっすね

恐らくじぶん銀行FXは、じぶん銀行の利用者かつ投資初心者をターゲットにしているため、デメリットに気づかず取引を始めてしまう人が多いのではないかと思います。

もしあなたがじぶん銀行の利用者で、

  1. 銀行口座の取引画面にFXの広告を見る
  2. FXに興味を持つ
  3. なんとなくじぶん銀行で取引を始める

というネット銀行系のFX口座で王道のカモられパターンにまんまとハマっているとしたら、きちんとデメリットも把握しておきましょう。

ただし、デメリットを把握したらじぶん銀行FXで取引する気は完全に失せると思うので、把握したところで結局は時間のムダづかいかもしれません。

早々に別のFX口座を選択するのが賢い選択です。

スワップポイントが非公開、カレンダーもなし

じぶん銀行FXでは、スワップポイント公式サイト上で公開していません

スワップポイントとは、2国間の金利差によって得られる利益のこと。スプレッドと並んでFX口座を選ぶときの大切な点です。

スワップポイントが好条件なFX口座は、公式サイト上でも「これでもか!」というほどにプッシュして公開していますので、じぶん銀行FXについては期待しない方がいいでしょう。

スワップポイントが特に好条件でないFX口座でも、透明性の確保のためにスワップポイントカレンダーというものを公開していますが、じぶん銀行FXはそれさえもしていません。

一時的に好条件であっても、急に悪条件にされてしまう可能性もありますので注意が必要です。

スワップポイントをきちんと公開している&好条件なFX口座は、下記のページにて紹介しています。

じぶん銀行をおすすめしないその他の理由 2つ

ミニコースでは1回に9000通貨までしか注文できない

じぶん銀行FXではミニというコースが用意されていて、少額(1000通貨)で取引ができます。

ただし、ミニコースでは1回あたり9000通貨までしか取引できないため、FXに慣れてきたらすぐに物足りなくなってきてしまうでしょう。

もし少額取引したい場合は、やはり他の少額対応のFX口座を利用するのがおすすめです。

少額取引に対応しているFX口座ついては、下記のページをご覧ください。

12通貨ペアしか取り扱っていない

じぶん銀行FXで取引できるのは12通貨ペアだけですので、取引の幅も狭いです。

一般的なFX口座は20前後の通貨ペアに対応しており、中には50通貨ペア、100通貨ペア以上に対応しているところもあります。

上記の取引上限などもあわせて考えると、やはり何かと物足りなさを感じます。

じぶん銀行FXのリアルな口コミ・評判

以下、じぶん銀行FXのリアルな口コミ・評判です。

外貨投資家
エフ男

やっぱり銀行口座の利用者をターゲットにしてる感じなんですね…

じぶん銀行はFX以外の取引サービスもあるが、しかし…

「WealthNavi for じぶん銀行」もおすすめできない

じぶん銀行はFXのほか、ロボアドバイザーのWealthNavi(ウェルスナビ)と提携してWealthNavi for じぶん銀行というサービスも展開しています。

銀行のお客さま
エフ男

本家のWealthNaviとは、どこがどう違うの?

こちらも銀行口座の利用者をターゲットにしているためか、本家を上回るメリットはないどころか、デメリットの方が目立ちます

例えば、本家のWealthNaviは運用期間に応じて手数料の割引が受けられる「長期割」というサービスがありますが、WealthNavi for じぶん銀行では受けられません

また、本家では「マメタス」というおつりの積立サービスが利用できますが、じぶん銀行では利用できません

もしWealthNaviを始めたい場合は、本家の方を利用することをおすすめします。

「外貨預金」は手数料が非常に高い

じぶん銀行では外貨預金もできますが、こちらは全くおすすめできません。

じぶん銀行に限らず、外貨預金ではFXとは比にならないほどの超高額な手数料が発生してしまうため、よく分からずに始めると大損してしまう可能性も高いです。

FXでも、レバレッジを上手く調整すれば外貨預金と同じ仕組みで資産運用ができます。

じぶん銀行FXだけじゃない!その他のネット銀行にも注意

じぶん銀行利用者
エフ男

おいおいおい〜、じぶん銀行!投資初心者をカモってんじゃないよ、まったくぅ

なんだかじぶん銀行FXだけ悪者みたいな内容になってしまいましたが、ネット銀行がオマケっぽく運営しているFX口座は、こういった初心者では気づきにくいデメリットが潜んでいる場合が多いので注意が必要です。

じぶん銀行FXのほか、ネット銀行が運営しているFX口座については下記のページをご覧ください。

じぶん銀行FX まとめ

  • スプレッドが広いうえ、9:00~翌4:00はさらに広がる
  • FX経験者には選ばれていない
  • 1000通貨取引できるが、1回に9000通貨までしか注文できない
  • 12通貨ペアしか取引できない
  • FX以外の投資でもメリットが薄い

上記の点を踏まえると、じぶん銀行FXは決しておすすめできるような口座ではありませんし、初心者の場合は特にジワジワと損し続ける可能性が高いので注意が必要です。

これからFXを始める場合は、より有利な条件で取引できて、初心者でも使いやすい下記の口座がおすすめです。

それぞれの違いについては、下記の比較ページも参考にしてみてくださいね。

外貨投資家
エフ男

せっかくFXを始めるなら、安心して使える口座で取引したいですね!

タイトルとURLをコピーしました