松井証券(NetFx)の評判は?「手数料0円」のワナも大暴露します

松井証券のFX口座FX会社
通貨ペア数13ペア
最小取引単位1000通貨(※)
取引手数料無料
取引ツール
スプレッド
スワップポイント
※ 南アランド/円・メキシコペソ/円は1万通貨

公式サイト 松井証券(NetFx)公式サイトはこちら

FXトレーダー
エフ男

松井証券って株とかでは人気みたいだけど…FX口座に関してはどんな感じかいな?

松井証券は株式などでは好条件で取引できますが、FXに関しては決しておすすめできません

不安はぜんぶ、松井にぶつけろ」をキャッチコピーにしている松井証券ですが、FX口座にはぶつけちゃダメです

NetFxユーザー
エフ男

なんや、うまいこと言ったつもりか?

もしあなたがこれからFXを始める場合、他のFX口座を利用することを強くおすすめします。

松井証券のFX口座(NetFx)をおすすめしない理由について、初心者にもわかりやすく解説します。

松井証券(NetFx)の短所・デメリット

  • スプレッドが広い
  • スワップポイントがイマイチ
  • 通貨ペア数が少ない(13通貨ペア)

松井証券は、とにかくスプレッドが広い(=取引コストが高い)です。

「スプレッドって何やねん」という方は、下記のページをご覧ください。

松井証券の公式サイトを見ると、

取引手数料は無料です。

なんていたるところに書いてありますが、FX口座はだいたいどこも取引手数料(売買手数料)は無料です。

FXではこの取引手数料とは別に、スプレッドという形で取引コストが差し引かれています。

松井証券のスプレッドは、米ドル/円で1~2銭、ポンド/円やNZドル/円では6銭なので、他社と比較して非常に悪条件。取引する度にジワジワ損をしてしまいます。

松井証券ユーザー
エフ男

LIGHT FXはNZドル/円で1銭なので、松井証券では6倍のコストがかかっちゃうんですね…

自動売買でも何でもないのにスプレッドがこれだけ差し引かれている時点で、松井証券は取引口座として完全に除外してしまっていいでしょう。

なるべくお得に取引するため、LIGHT FXなどのようにスプレッドがなるべく狭いFX口座を選ぶことをおすすめします

また、スプレッドのほか、FX口座を選ぶ重要ポイントにはスワップポイントがあります。

松井証券のスワップポイントは、スプレッドほど悪条件ではないものの、決して好条件ともいえません

スワップポイントの詳細、スワップポイントが好条件なFX口座については、下記のページをご覧ください。

さらに、他のFX口座では20前後の通貨ペアに対応していますが、松井証券は13通貨ペアにしか対応しておらず、取引の幅も狭まります。

松井証券(NetFx)の長所・メリット

  • 少額取引できる(一部例外あり)

松井証券のメリットを強いて挙げるなら、少額(1000通貨)から取引できることです。

最小取引単位が1万通貨の場合だと、最低でも約4万円の資金が必要ですが、松井証券ではその10分の1である約4000円からFX取引ができます。

松井証券の利用者
エフ男

少額取引できるのは、初心者には嬉しいっすね

が、しかし!いまや約4000円から取引できるFX口座の方が多いので、たいしたメリットとはいえないです。

また、松井証券は一部例外があり、南アフリカランド/円やメキシコペソ/円の最小取引単位は1万通貨です。

少額から取引でき、松井証券よりもスプレッドやスワップポイントが好条件なFX口座は多数あります

例えば前述の通り、LIGHT FXは松井証券よりも大幅にスプレッドも狭く、少額取引も可能。また、南アフリカランド/円やメキシコペソ/円を含む、取り扱い通貨ペア全てにおいて1000通貨単位から取引できます。

松井証券の魅力は、FXではなく株式

松井証券の魅力はあくまで株取引であり、FXではありません。

松井証券では、株取引が1日10万円以下なら売買手数料無料で取引できるので、株トレーダーの方にはおすすめです。

株取引に関しては、あの有名な桐谷和人さんも愛用しています。

ぶっちゃけた話、もしFX以外の投資に興味がないのなら、松井証券で口座開設してもスプレッドで損し続けるだけです。

NetFx利用者
エフ男

ぶっちゃけ過ぎかよ

結論:松井証券(NetFx)はおすすめしない

実は松井証券だけでなく、楽天証券岡三オンライン証券など、株式などでは好条件でもFX口座はイマイチ…という証券会社は多くあります。

もしあなたが株などで松井証券を使っていて、「FXも始めてみたい」という場合でも、松井証券で始めるのはおすすめできません。

松井証券では株や投資信託のみを利用し、FXに関しては他の口座を利用するのがおすすめですよ。

公式サイト 松井証券(NetFx)公式サイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました