FXデモトレードおすすめ15口座!土日も使える3口座も紹介

デモ取引できるFX口座FX会社
FX初心者
エフ男

FXの練習したいんだけど、何かいい方法ないかなぁ…デモトレードでもしてみようかな

ヒロセ通商など、一部のFX会社では実際の取引と似たような環境でバーチャル体験できるデモ口座を用意しているところもあります。

ただしこのデモ口座、あくまで似たような環境なだけであって、実際のFX取引と異なるも多々あるので要注意ですよ。

デモ口座が利用できるFX会社一覧のほか、デモトレードと本番の取引の違いについても解説していきます。

デモトレードと本番のFX取引の違い

結論からお伝えしておくと、デモトレードはFXの練習にはなりません

デモトレードで勝ちまくってFXを開始→すぐさま大きな損失を出してしまう→アツくなって証拠金を追加→さらに損失が拡大…

…というのは、完全にFX初心者あるあるです(かつての私もそうでした)。

デモトレードでは自分のお金を使用しないため、失敗しても失うものは何もありません。

そのため、どんなに為替相場が急変しているときでも恐怖心を持つことなく取引できてしまうのです。

実際にFX取引したことのない方はピンと来ないかもしれませんが、投資の世界では精神面で勝敗が分かれることが多々あり、相場に関する心理学本がベストセラーになっているほどです。

デモトレードで儲かったからといって、本番で勝てるとは限らない…というか、勝てないことの方が多いことを把握しておく必要があります。

デモトレードの意外な盲点が、約定力などの取引条件です。

色んなFX会社のデモトレードを試してみると、「いやいや、実際こんなに約定率高くないだろwww」というところも少なくありません。

FXを一度もしたことがない方がデモトレードをすると、こうしたFX会社側の罠にハマる可能性もあるので要注意です。

また、DMM FXのようにデモ口座の資金が少なくなると、自動でジャンジャン入金されてしまうところもあります。

デモトレード利用者
エフ男

自動でどんどん資金が増えるとは…!大富豪感を味わいたいときには良さそうですね

デモトレードはFX自体の練習にはなりませんが、上手に使えばとても便利な仕組みです。

おすすめのデモトレード活用法は、取引画面の操作方法を学ぶこと。あくまでバーチャル体験なので、それ以上の利用はおすすめできません。

FX会社によって取引画面の仕様が異なっているので、注文方法などを確認するのには便利です。

デモ口座の利用法
エフ男

確かに慣れないうちは、誤発注しちゃうこともありますもんね

FXの口座開設から実際に利用できるまでは約2〜3日かかりますので、その間にデモトレードを利用してみるのがおすすめですよ。

FX自体の経験がない方は、ヒロセ通商で口座開設→デモトレードで取引ツールの使い方を確認してみましょう。

一般的なFX口座は取引に最低でも4万円ほどの資金が必要ですが、ヒロセ通商なら約4000円(1000通貨)で取引できるため、初めて口座開設&取引の練習をするのにぴったりですよ。

デモトレードは実際にそのFX会社を利用する予定がない場合は、利用してもあまり意味がありません。

デモトレードは本番の取引とは諸条件が異なるため、FXの練習にはなりませんし、FXが儲かるかどうかの指標にもなりません

デモトレードをゲーム感覚で繰り返していると、逆効果にもなり得ますので注意してくださいね。

デモトレード体験者
エフ男

おっけい!前置きはこのくらいにして、そろそろデモトレードできるFX会社を教えてちょ

バーチャル体験!デモトレード対応のおすすすめFX口座一覧

FX会社期間デモ対応詳細
ヒロセ通商3か月PC・スマホ詳細
みんなのFX30日PCのみ詳細
FXブロードネット無期限PC・スマホ詳細
アイネット証券無期限PC・スマホ詳細
外為どっとコム90日PC・スマホ詳細
FXプライムbyGMO
1か月PCのみ詳細
外為オンライン無期限PC・スマホ詳細
シストレ2430日PCのみ詳細
JFX3か月PC・スマホ詳細
ひまわり証券無期限PC・スマホ詳細
セントラル短資FX30日PCのみ詳細
マネックス証券30日PCのみ詳細
GMOクリック証券 FXネオ3か月PCのみ詳細
YJFX!30日PC・スマホ詳細
DMMFX1か月PC・スマホ詳細

FX会社にもよりますが、名前メールアドレスなどを入力すれば登録完了!登録したらすぐにデモトレードが始められます。

PC・スマホ両方でデモトレードできるおすすすめFX口座

▼ヒロセ通商【土日もデモ取引可能】

ヒロセ通商のLION FX

ヒロセ通商のデモ口座は、PC&スマホに対応!仮想レートを使用しているため、土日も利用可能です。

▼ FXブロードネット

FXブロードネットのデモ取引

FXブロードネットでは、自動売買のトラッキングトレードもデモ体験できます。

トラッキングトレードのランキング

トラッキングトレードでは、利益率が高い注文方法をランキングで表示してくれます。

▼アイネット証券

ループイフダンのデモトレード

アイネット証券でも、PCでもスマホでもバーチャル体験が可能!ループイフダンという自動売買も利用できます。

アイネット証券のデモ取引

ループイフダンはトラッキングトレードと同じく、リピート型の自動売買です。

▼外為オンライン

デモ取引におすすめの会社

外為オンラインでは、PCだけでなくスマホやタブレットの取引アプリもデモ体験できます。

iサイクル2取引のデモトレード

外為オンラインでは、デモ口座を開設すると自動売買のiサイクル2取引が自動発注されます。

自動売買のデモ体験

ちなみにデモ取引でもiサイクル2取引の自動発注確認メールがバンバン届くので、デモ口座では普段あまり利用しないメールアドレスを登録するか、デモ登録後に管理画面から通知をオフにしておくのがおすすめ。

ちなみにデモ口座に利用期限はないのですが、1か月程度利用がないと口座が閉鎖される場合があります。

デモ口座のログイン画面

…と公式サイトには説明があるのですが、実際に私がデモ口座を3か月ほど放置してみたところ、普通にログインできました。

▼外為どっとコム

デモ取引できる外為どっとコム

外為どっとコムでも、PC・スマホともにデモ体験可能。先ほど紹介した外為オンラインと名前が似ていますが、全くの別会社です。

▼JFX【土日もデモ取引可能】

土日対応のデモ口座

JFXでも、PC・スマホともにデモ体験可能です。また、ヒロセ通商と同じく土日でもデモトレードができます。

▼ひまわり証券

デモ口座対応の会社

アイネット証券と同様、ひまわり証券もループ・イフダンという自動売買を取り扱っていますが、仕様はアイネット証券とほぼ同じ。

とはいえ、ひまわり証券はアイネット証券からライセンスを受けているため、決してパクったわけではありません。

ひまわり証券では、自動売買のループ・イフダンのほか、裁量取引のひまわりFXもデモ体験が可能。PC・スマホともに対応しています。

さらに、自動でチャート分析してくれるツールもデモ体験できます。

▼YJFX!

スマホ対応のデモトレード

ヤフーグループのYJFX!でも、PC&スマホでデモトレード可能です。取引ツールも非常に使いやすく、デモトレードをしたら口座開設せずにはいられなくなります(たぶん)。

▼岡三アクティブFX【土日もデモ取引可能】

土日も取引できるデモ口座

岡三オンライン証券の岡三アクティブFXは、スプレッドやスワップポイントなどのバランスが(そこそこ)良いFX口座なのですが、決定的なメリットに欠ける感じです。

岡三アクティブFXのデモ口座も土日も利用可能ではあるのですが、使いやすさなどはイマイチです。

もし土日にデモ取引したいのであれば、ヒロセ通商のデモ口座をおすすめします。

▼ DMM FX

DMMFXのデモトレード

DMM FXは「プレミアチャート」という機能のみデモ対応していませんが、その他の取引ツールはデモ体験可能です。

デモトレードの資金は500万円に設定されていますが、トレード中に純資産額が50万円未満になると自動的に500万円が追加で入金されます。

きちんと資金を把握しておかないと、実際は大損しているにもかかわらず「あれ、オレFXの天才なのかも?!?」的な感覚に陥るので要注意です。

PCでデモトレードできるおすすすめFX口座

▼みんなのFX【2019年11月からデモ対応開始!】

トレイダーズ証券 みんなのFX

トレイダーズ証券みんなのFXはこれまでずっとデモ口座がなかったのですが、ついに2019年11月6日にからデモ取引できるようになりました

▼FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOのデモ取引

FXプライムbyGMOでは、一部のツールのみデモトレード可能です。もしデモ体験するなら、「パッと見テクニカル」を使ってみるのがおすすめ!

ぱっと見テクニカルのデモ体験

【↑クリックで拡大できます】

未来の為替予想を自動的にしてくれるため、テクニカル分析が覚えきれていない初心者には特におすすめです。

FXプライムbyGMOのデモ口座は資金500万円で始めるのですが、新規注文可能残高が1,000円を下回ると発注できなくなるため現実感を持ってデモ取引をすることができます

エフ男
エフ男

最初の資金が500万円もの大金って時点で、私には現実感が感じられませんがね…

▼シストレ24

デモ対応の自動売買

インヴァスト証券では、シストレ24のデモ取引が利用できます。

ちなみに、インヴァスト証券はトライオートFXという自動売買も取り扱っていますが、こちらでは残念ながらデモ取引ができません。

▼セントラル短資FX

セントラル短資FXでは、自動売買「セントラルミラートレーダー」のデモ体験ができます。

デモ体験とはいえ、仮想資金が無くなった時点で取引できなくなるため、より現実感を持って取引できておすすめです。

▼GMOクリック証券

バーチャル取引できる口座

GMOクリック証券ではスマホアプリのデモ体験ができませんが、PC版の取引ツールではデモトレード可能です。

▼ライブスター証券

PC対応のデモ口座

ライブスター証券ではスマホは対応していませんが、PCやタブレットではデモ体験ができます。

ライブスター証券はスワップポイントが高いFX口座なのですが、デモ口座では本番口座のスワップポイントとは異なる場合があるので注意してくださいね。

▼ゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF)

MT4のデモ口座

ゴールデンウェイ・ジャパン(旧:FXトレード・フィナンシャル)では、MT4のデモ取引ができます。

ただし、公式サイトにも下記のような説明があり、レートやスプレッドなどの条件は実際のトレードとは異なります。

デモ口座とライブ口座のレート・スプレッドは同一ではありません。

MT4デモ取引について、当社が提供するFXTF MT4ライブサービスとは異なるサービスであり、配信価格や約定処理時間等につき、MT4デモとMT4ライブは必ずしも一致するものではありません。

「あくまでバーチャル」という認識を持ちつつ、MT4の使い方などを確認するのに留めておくのがおすすめです。

デモ口座の一覧に戻る↑

取引ツールを紹介!デモトレードできないFX口座

ここからは、デモトレードができないFX口座の取引ツールを紹介します!

▼LIGHT FX

みんなのFXと同じくトレイダーズ証券のFX口座、LIGHT FX。みんなのFXはデモ対応していますが、LIGHT FXでは残念ながら対応していません。

ライトFXはデモ非対応

【↑拡大できます】

が、しかし!LIGHT FXの取引ツールはみんなのFXとほぼ同じなので、代わりにみんなのFXのデモ口座を利用すればおおよその使い勝手が分かります。

▼トライオートFX

デモ非対応の業者

トライオートFXは、シストレ24と同じくインヴァスト証券の自動売買口座。

シストレ24ではデモ取引ができますが、トライオートFXではできません。以前はトライオートFXもデモ口座(というかデモゲーム)が用意されていましたが、現在は利用できない状況です。

上の画像のようにストラテジーを選択することもできるのですが、シストレ24と比べるとちょっと難しいかな…?といった印象です。

▼外為ジャパン

外為ジャパンはDMM FXと同じく、DMM.com証券が運営しています。

DMM FXの場合はデモ口座が用意されていますが、外為ジャパンは少額取引できるためデモ口座はありません。

ただ、取引ルールの仕様はDMM FXとほぼ同じなため、バーチャル体験したい場合はDMM FXでデモトレードしてみるのも一つの方法です。

外為ジャパンのツール

外為ジャパンはデモ非対応

DMM FXのツール

DMMFXはデモ対応

画像をクリックすると拡大できますので、見比べてみてください。左上のロゴ以外は、ほぼ同じ仕様となっています。

▼マネースクエア

デモ非対応の自動売買

マネースクエアでは、以前はM2JFXバーチャルというデモ口座が利用できましたが、2016年にサービスを終了してしまいました。

トラリピはデモ取引できない

自動売買のトラリピは、アナリストがおすすめの設定を提示してくれます。

FXデモトレード まとめ

デモトレードは本番とは違うということを念頭に置いておけば、とても便利な仕組みです。

これからFXを始める方は、以下の流れがおすすめですよ。

  1. ヒロセ通商で口座開設
  2. ヒロセ通商のデモ口座で取引ツールの使い方を確認する
  3. 実際の口座で取引を開始

FXの具体的な始め方については、「FX(エフエックス)とは?やり方は?リスクやデメリットも徹底解説」をご覧ください。

デモ口座の一覧に戻る↑