FXブロードネットって実際どうなの?トラッキングトレードの評判は?

FXブロードネット 自動売買
通貨ペア数24ペア
最小取引単位1000通貨(※1)
取引手数料無料(※2)
取引ツール
スプレッド
スワップポイント
※1 南アランド/円は1万通貨。 ※2 注文方法により例外あり。
FXトレーダー エフ男
エフ男

いきなり高額でFXするのも不安だし、なるべく少額から始めたいなぁ〜

FXブロードネットでは、少額(1000通貨単位)からの取引が可能!4000円ほどで取引できるため、初めてFXをする方にもおすすめです。

FXブロードネットのメリット・デメリットを簡単にまとめてみると、こんな感じです。

  • 少額で取引可能
  • スプレッドが狭い&スワップポイントが高い
  • 自動売買(トラッキンクトレード)も使える
  • 情報サービスがイマイチ
  • 取引ツールが少しだけ物足りない

FXブロードネットのデメリット注意点についても、一緒に確認していきましょう!

初めてのFX取引[FXブロードネット]

FXブロードネットの長所・メリット 4つ

1. 少額(1000通貨)で取引可能

FXブロードネットは少額対応

FXブロードネットは1000通貨単位で取引OK!

DMM FXなどは最小取引単位が1万通貨単位のため、米ドル/円の取引をするのに最低でも4万円ほどかかってしまいます。

一方、FXブロードネットはその10分の1である4000円ほどから取引可能なため、「なるべく少額でFXしたい」という方におすすめですよ。

少額で取引できればテスト的な売買できますし、さまざまな通貨を少しづつ保有してリスク分散することもできます。

2. 最狭水準のスプレッド(FXサービス取引コスト満足度 第1位!)

FXブロードネットのスプレッド

一般的に1000通貨単位で取引できるFX会社は、スプレッドが広かったり、取引手数料がかかったりして取引コストが多くかかるのが一般的。

例えば、外為オンラインでは米ドル/円のスプレッドが1銭もかかってしまいますし、FXプライムbyGMOでは1万通貨未満の取引では取引手数料が発生してしまいます。

FXブロードネットは、1000通貨単位で取引可能にも関わらずスプレッドも最狭水準!

米ドル/円のスプレッドは0.3銭(原則固定)で、もちろん取引手数料も無料です。

FXブロードネット スプレッド

スプレッド1銭のFX会社よりも、大幅にコストが削減できますよ。

トラッキングトレード初心者
エフ男

FXブロードネットのスプレッドは、米ドル/円だけじゃなくてどの通貨ペアでも狭いんですね

みんなのFXLIGHT FX外為どっとコムなどもスプレッドが狭いのですが、適用される時間に制限があり、早朝の時間帯などはスプレッド原則固定の対象外です。

一方、FXブロードネットではそういった時間制限がないため、少額対応のFX口座の中では非常に好条件です。

FXブロードネットを含む各FX会社のスプレッドは、「スプレッド比較表」をご覧ください。

2018年8月にゼネラルリサーチ株式会社が調査した結果、FXブロードネットは「FXサービス取引コスト満足度 第1位」に選ばれています。

初めてのFX取引[FXブロードネット]

3. スワップポイントも高水準

FXブロードネットはスプレッドが狭いだけでなく、スワップポイントも高水準

どの通貨ペアも比較的高めなのですが、特に米ドル/円などのスワップポイントが業界最高水準です。

各FX会社のスワップポイントは「スワップポイント比較表」にて紹介しています。

トラッキングトレード利用者
エフ男

スワップポイントが高ければ、デイトレだけでなく中長期売買でも稼ぎやすそうですね

4. 話題の自動売買「トラッキングトレード」が使える

FXブロードネットでは、トラッキングトレードという自動売買(システムトレード)が利用できます。

トラッキングトレードのランキング

トラッキングトレードでは利益率の高いストラテジーをランキングにしてくれているため、その中から選択して後は基本的に放置でOK!

外為オンライン「iサイクル注文」と同じくリピート型の自動売買なので、レンジが動いても追尾して繰り返し注文してくれます。

トラッキングトレードに似ている自動売買

実はこのトラッキングトレード、外為オンラインからライセンスを受けているためiサイクル注文とほとんど同じです。

が、しかし!外為オンラインよりもFXブロードネットの方がスプレッドが狭いため、より取引コストを抑えることができるのです!

FXブロードネット利用者
エフ男

同じようなシステムを低コストで使えるなら、トラッキングトレードの方がお得ですね

トラッキングトレードのようなリピート系の自動売買は、注文数が多くなるためコスト面もとっても大事。

本家の方が安心だなぁ…という場合は外為オンライン「iサイクル注文」、なるべく取引コストを抑えたい場合はFXブロードネット「トラッキングトレード」がおすすめですよ。

FXブロードネット シストレ365

FXブロードネットではトラッキングトレードのほか、くりっく365取引専用のシストレ365という自動売買も利用できます。

FXブロードネットの短所・デメリット 2つ

FXブロードネットには特に目立ったデメリットはないのですが、強いて挙げるならば以下の2点です。

1. 情報サービスがイマイチ

FXブロードネットは為替情報のサービスがあまり充実していないという欠点があります。

為替ニュース関連は他のFX口座で補い、取引はFXブロードネットで行うという形がおすすめですよ。

ニュースが充実しているFX口座では、外為どっとコムがおすすめ!FXに関する情報力が業界トップクラスです。

FXブロードネットと同じく少額取引(1000通貨)でも取引できるため、同時開設しておくと便利です。

2. 取引ツールが少しだけ物足りない

FXブロードネットの取引ツール

FXブロードネットの取引ツールは、初心者には使いやすくておすすめですが、中上級者には少し物足りないかな?といった印象です。

FXブロードネット PC取引ツール

【↑クリックで拡大できます】

ただ、テクニカル指標などの機能は揃っているので、初心者のうちは十分過ぎるほどです。

初心者の方は、FXブロードネットのようなシンプルな取引ツールで練習し、慣れてきたらより機能が多いツールに移行していくのがおすすめですよ。

トラッキングトレード初心者
エフ男

FXブロードネットのロゴが、チャートの後ろでめっちゃ主張してますね

【お得】初心者でも簡単!キャッシュバック・キャンペーン情報

FXブロードネットでは、最大2万円のキャッシュバック・キャンペーンを実施中!

他のFX口座では、膨大な量の取引(初心者ではまず無理)をしないとキャッシュバック条件を満たせないところも多いんですよね…。

が、しかし!FXブロードネットでは所定の金額をFX口座に入金するだけでもある程度のキャッシュバックが受けられるのです!

トラッキングトレード初心者
エフ男

入金するだけでももらえるのは、FXを始めたばかりの初心者には嬉しいですね

キャンペーンの詳細は、FXブロードネット公式サイトで確認してみてくださいね。

口座開設時の注意点!少額取引できるのは「ブロードライトコース」

FXブロードネットには「ブロードコース」と「ブロードライトコース」の2種類があるのですが、後者の「ブロードライトコース」が1000通貨に対応しています。

FXブロードネットの口座開設

↑少額で取引したい場合は、口座開設画面のコース選択で「ブロード25ライトS」を選択すれば1000通貨単位で取引できますよ。

株式会社FXブロードネットの安全性・信頼性

以下、株式会社FXブロードネットの会社概要です。

会社名株式会社FXブロードネット
設立日1993年9月22日
代表者代表取締役社長 中町剛
登録関東財務局長(金商)第244号
所在地東京都千代田区丸の内1-11-1(地図)

2016年12月1日に商号が「株式会社FXトレーディングシステムズ」から「株式会社FXブロードネット」に変更されました。

FXブロードネットの信託保全

もちろん信託保全もしっかりしており、万が一FXブロードネットが破綻してもきちんと私たちに資金が返還される仕組みになっています。

FXブロードネットの信託保全先は、三井住友銀行です。

FXブロードネットまとめ

FXブロードネットは特に大きなデメリットもなく、初心者におすすめのFX口座です。

トラッキングトレード利用者
エフ男

特にトラッキングトレードは、めっちゃ便利ですね

キャッシュバック情報など、詳しくはFXブロードネット公式サイトで確認してみてくださいね。

FXブロードネットは通常のFX口座のほか、くりっく365にも対応しています。

タイトルとURLをコピーしました