スプレッドとは?FXの手数料を抑えて「お得」に取引する方法

FXのスプレッドとは? FX用語

スプレッドとは、ズバリFXの実質的な取引コストのことを意味します。

FXトレーダー エフ男
エフ男

FXって取引手数料無料じゃなかったの?

…と思うかもしれませんが、実際はこのスプレッドによって間接的に手数料が発生しているのです!

スプレッドはFX口座によって大きく異なるため、自分が使用しているFX口座のスプレッドを把握しておかないと知らず知らずのうちに大損してしまいますよ。

以下、スプレッドの意味や仕組みについて紹介していきます。

スプレッドとは?意味や仕組みは?

スプレッド(spread)とは、英語で「」や「広さ」を意味します。FXでは「買値」と「売値」の差のことを意味し、この差がFXの実質的な取引コストとして各FX会社から差し引かれています。

よくテレビなどのニュースで、

FXニュースの人
ニュースの人

東京外国為替市場の円相場は、1ドル110円20銭〜24銭の間で取引されています

…なんて聞きますよね。

これはドルを売る場合が1ドル=110円20銭、買う場合が1ドル=110円24銭という意味。

この差のことをスプレッドといい、FXではスプレッドが狭いほど利益が出しやすくなります。

FXトレードNewsのエフ男
エフ男

つまり、私たちが買うときはちょっとだけ高い値段売るときはちょっとだけ安い値段で売買して、その差額をFX会社が手数料として差し引いてるということですね

FX取引画面のスプレッド表記

FXの取引画面では、たいてい売値(BID)と買値(ASK)の間にスプレッドが表記されています。

上の画像はトレイダーズ証券「みんなのFX」の取引画面のものですが、この場合はスプレッド0.3銭という意味です。

FX会社によってスプレッドは大きく異なるのですが、この0.3銭がFX業界最狭水準です。詳しくは「スプレッド比較一覧表」をご覧ください。

FX会社の「手数料無料」はウソ?

FXトレーダー エフ男
エフ男

な〜んだ、FX会社の言う「手数料無料」ってウソだったのかぁ…

FXでは取引コストを「売買手数料」と「スプレッド」の2つに分けて考えます。「手数料無料」を掲げているFX会社は「売買手数料」が無料という意味。

どこのFX会社でもスプレッドという形で実質的には手数料が発生しているのです。

そうでないと、「FX業者の人、どうやって生活してるの?!」って話ですもんね。

ちなみに現在「売買手数料」はどこのFX会社も無料なのが一般的であるため、特に大きなメリットであるとはいえません。

FXのスプレッドは、外貨預金より良心的!

しかしながら、このスプレッドという仕組みは外貨預金にもあり、買値と売値の差が取引コストとして差し引かれます。

しかしこの外貨預金の取引コスト、FXよりかなり高いのです。

 外貨預金FX
取引コスト1円0.003円(0.3銭)
取引時間営業時間内24時間
決済時間満期時 or 解約時24時間
金利(スワップ)満期時 or 解約時毎日
安全性預金保険制度の対象外信託保全あり

こちらは一般的なFXと外貨預金を比較した表です。

例えば都市銀行で外貨預金する場合、往復2円ほどコストがかかってしまうのが一般的。

外貨預金の方が安心安全なイメージがありますが、実はFXの方が低コストなんですよ。

さらに!外貨預金は預金保険制度の対象外ですが、 FXでは信託保全が法律で義務付けられています。

意外かもしれませんが、FXの方が資金の安全性も優っているのです。

FXトレードNewsのエフ男
エフ男

外貨預金って安心・安全なイメージでしたが、実はFXの方が儲けやすいんですね

要注意!「原則固定」でも変動する場合がある

スプレッドはFX会社によって「原則固定」と「変動制」の2種類があります。

「スプレッド0.3銭原則固定」のFX会社がスプレッドを固定しているのは、あくまで原則。実は為替レートが急変しているときなどは、スプレッドが広がることもあるのです。

以下のような場合にスプレッドが変動しやすいので注意しましょう!

1. トレードしている人が少ないとき

FX取引をしている人が少ない時間帯はスプレッドが広がりやすい傾向にあります。

日本時間だと、NY市場が閉まる早朝5:00~8:00あたりの時間帯、またゴールデンウィークなどの連休中などがこれに当たります。

FXの取引時間については「FXの取引時間は?土日は休み?月曜の早朝だけできる必勝法も大公開」を参考にしてみてくださいね。

2. 為替レートが急激に変化したとき

重大ニュースが発表されたときや大きな事件が発生したとき、為替レートが大きく変動します。

為替レートが大きく変動するときは取引の参加者も急増するのですが、このような場合もスプレッドが広がる可能性が高いです。

取引中の通貨ペアに関する経済指標は、定期的にチェックしておくのがオススメですよ。

特に毎月第一金曜日米国の雇用統計が発表される際は要注意です。

3. カバー先の銀行が少ない場合

私たちFXトレーダーは、以下のようにFX会社に仲介してもらう形でトレードしています。

私たち ⇄ FX会社 ⇄ 銀行

このときFX会社の取引先金融機関が少ないと、大きな値動きがあった場合に銀行から有利な価格で買い取ることができません

カバー先の金融機関が少ない場合、FX会社自体の損失を防ぐためにスプレッドが広がることがあります。また、スリッページ(注文価格と約定価格がズレること)もしやすくなるので要注意です。

思わぬ損失を防ぐためには、なるべくカバー先金融機関が多いFX会社を選ぶのがおすすめですよ。

以下、カバー取引先数の一覧です。

FX会社カバー取引先数詳細
外為どっとコム 外貨ネクストネオ26詳細
YJFX!(ワイジェイFX!)25詳細
ヒロセ通商のLION FX23詳細
GMOクリック証券 FXネオ19詳細
FXプライムbyGMO15詳細
トレイダーズ証券「LIGHT FX」
11詳細
トレイダーズ証券 みんなのFX11詳細
DMM FX11詳細
外為オンライン8詳細
FXブロードネット7詳細
SBI FXトレード2詳細
2018年11月時点

ご覧の通り、カバー先の数は外為どっとコムがFX業界トップクラスです。

外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の評判は?デメリットも大公開!
外為どっとコム公式サイトはこちら エフ男 外為どっとコムってよく聞くFX会社だけど…、外為オンラインの親戚みたいなもの? FX会社には「外為〇〇」という名前がやたら多いですが、それぞれ全く関係の...

4. 元々「原則固定」が時間限定の場合

FX会社の中には、スプレッドが原則固定なのが特定の時間帯限定のところもあります。

岡三オンライン証券の岡三アクティブFXはスプレッドの狭さを大々的に宣言しているのですが(米ドル/円で0.4銭なので元々そんなに狭くない)、実は午前9:00〜翌午前1:00の時間限定だったりもします。

岡三アクティブFX(岡三オンライン証券)の評判は?デメリットも大公開
岡三アクティブFX 公式サイトはこちら 株式のイメージが強い岡三(おかさん)オンライン証券ですが、岡三アクティブFXというFX口座もあります。 岡三アクティブFXは1000通貨単位で取引可能!約定率が高くてスワップポイントも...

トレイダーズ証券のみんなのFXも初心者におすすめのFX口座なのですが、スプレッドが狭いのは午前8:00〜翌午前5:00の間。早朝の3時間だけは若干広がりますので注意してくださいね。

みんなのFX(トレイダーズ証券)の評判は?デメリットも大公開!
みんなのFX 公式サイトはこちら FX口座はそれぞれメリット・デメリットが異なり、全ての人におすすめできる口座というのはなかなかありません。 しかし、強いて挙げるならばトレイダーズ証券のみんなのFXでしょう! 少額(100...

スプレッドで比較!低コストで取引可能なFX口座一覧

FX会社の中には、スプレッドを狭くして自社の利益を極力抑え、私たちFXトレーダーに還元してくれているところもあるのです!

以下、スプレッド幅が狭いFX口座の一覧です。

スプレッド比較米ドル/円ユーロ/円ユーロ/米ドルポンド/円豪ドル/円NZドル/円詳細
FXブロードネット0.3銭
[原則固定]
0.5銭
[原則固定]
0.3pips
[原則固定]
1.0銭
[原則固定]
0.6銭
[原則固定]
1.3銭
[原則固定]
詳細
外為どっとコム 外貨ネクストネオ0.3銭
[原則固定]
0.5銭
[原則固定]
0.4pips
[原則固定]
1.0銭
[原則固定]
0.7銭
[原則固定]
1.2銭
[原則固定]
詳細
トレイダーズ証券 みんなのFX0.3銭
[原則固定]
0.4銭
[原則固定]
0.5pips
[原則固定]
1.0銭
[原則固定]
0.7銭
[原則固定]
2.5銭詳細
トレイダーズ証券「LIGHT FX」0.3銭
[原則固定]
0.4銭
[原則固定]
0.5pips
[原則固定]
1.0銭
[原則固定]
0.7銭
[原則固定]
2.5銭詳細
DMM FX0.3銭
[原則固定]
0.5銭
[原則固定]
0.4pips
[原則固定]
1.0銭
[原則固定]
0.7銭
[原則固定]
1.2銭
[原則固定]
詳細
ヒロセ通商のLION FX0.3銭
[原則固定]
0.5銭
[原則固定]
0.4pips
[原則固定]
1.0銭
[原則固定]
0.7銭
[原則固定]
1.0銭
[原則固定]
詳細
GMOクリック証券 FXネオ0.3銭
[原則固定]
0.5銭
[原則固定]
0.4pips
[原則固定]
1.0銭
[原則固定]
0.7銭
[原則固定]
1.2銭
[原則固定]
詳細
セントラル短資FX0.3銭
[原則固定]
0.5銭
[原則固定]
0.4pips
[原則固定]
1.2銭
[原則固定]
0.8銭
[原則固定]
2.0銭
[原則固定]
詳細
サクソバンク証券0.1~0.5銭1.1~1.4銭0.2~0.7pips0.6~0.9銭1~1.3銭1.1~1.5銭詳細
YJFX!0.3銭
[原則固定]
0.5銭
[原則固定]
0.4pips
[原則固定]
非公開0.7銭
[原則固定]
1.2銭
[原則固定]
詳細
岡三アクティブFX0.4銭
[原則固定]
0.9銭
[原則固定]
0.7pips
[原則固定]
1.4銭
[原則固定]
0.9銭
[原則固定]
1.5銭
[原則固定]
詳細
FXプライムbyGMO0.6銭
[原則固定]
0.9銭
[原則固定]
0.6pips
[原則固定]
1.8銭
[原則固定]
1.3銭
[原則固定]
2.0銭
[原則固定]
詳細
外為オンライン1.0銭
[原則固定]
2.0銭
[原則固定]
1.0pips
[原則固定]
3.0銭
[原則固定]
3.0銭
[原則固定]
6.0銭
[原則固定]
詳細
アイネット証券0.7銭~1.0銭1.4銭~2.0銭0.7~1.5pips2.0銭~5.2銭1.5銭~4.0銭2.0銭~6.5銭詳細
2019年1月情報更新 スプレッドは各社例外あり
FXトレードNewsのエフ男
エフ男

同じFX口座でも、こんなにもスプレッドに差があるんですね

FXトレードNewsのエフ男
エフ男

でも、一体どのFX口座にしたらいいんだろう?とりあえずスプレッドの数字が低いところを選べばいいのかな?

スプレッドの狭さだけにこだわってしまうと、その他のデメリット(取引ツールが使いづらい、スワップポイントが低い、取引手数料がかかってしまうなど)があったりもします。

そういった点も踏まえた上で、スプレッドの幅が狭いおすすめのFX口座はDMM FX外為どっとコムFXブロードネットです。

DMM FX

スプレッドが低いDMMFX

通貨ペア数20ペア
最小取引単位1万通貨
取引手数料無料
取引ツール
スプレッド
スワップポイント

国内のFX口座数第1位DMM FXは、米ドル/円のスプレッドが0.3銭(原則固定)で業界最狭水準です。

「FX業界最狭水準のスプレッド」と売り出しているFX会社は他にもあるのですが、全20通貨ペアで業界最狭水準なのがDMM FXの魅力的なところです。

公式サイト DMM FX 公式サイト

詳細ページ DMM FXの評判は?初心者が把握すべきデメリットも大公開!

FXトレーダー エフ男
エフ男

FX口座数日本一とは…!それだけ多くのFXトレーダーたちに信頼されているということですね!

ただし、DMM FXは最小取引単位が1万通貨のためあまり少額では取引できません

米ドル/円の取引に最低でも約4万円ほどの資金が必要です。

なるべく少額でFX取引がしたい!」という方は、その10分の1で取引できる1000通貨対応のFX口座がおすすめ!1000通貨対応のFX口座なら、約4000円で取引できますよ。

1000通貨対応でスプレッドが狭いFX口座は外為どっとコムFXブロードネットです。

外為どっとコム

低スプレッドのFX業者

通貨ペア数20ペア
最小取引単位1000通貨
取引手数料無料
取引ツール
スプレッド
スワップポイント

少額かつ取引コストも抑えたい場合は、外為どっとコムが最もおすすめですよ。

先ほど紹介したようにカバー先も多いため、スプレッドが広がりにくいのが特徴。

スプレッドが狭いだけでなくスワップポイントも高いため、デイトレードでも長期トレードでも利益が生み出しやすいFX口座です。

外為どっとコムのチャート

外為どっとコムには未来の値動きを自動予測してくれるツールもあるので、分析方法が覚えきれていない初心者の方には特におすすめです。

公式サイト 外為どっとコム公式サイト

詳細ページ 外為どっとコムって評判どうなの?特徴・デメリットも徹底検証!

FXブロードネット

低スプレッドのFX業者

通貨ペア数24ペア
最小取引単位1000通貨(※1)
取引手数料無料(※2)
取引ツール
スプレッド
スワップポイント
※1 南アランド/円は1万通貨。 ※2 注文方法により例外あり。

FXブロードネットは2018年8月にゼネラルリサーチ株式会社が調査した結果、FXブロードネットは「FXサービス取引コスト満足度 第1位」に選ばれました。

特に米ドル/円ユーロ/米ドルのスプレッドの狭さに特に定評があります。

公式サイト FXブロードネット公式サイト

詳細ページ FXブロードネットの評判は?トラッキングトレードが超便利!

↑スプレッド比較表に戻る↑

pips(ピップス)とは?

先ほどのスプレッド比較表で「銭」ではなく「pips」と表示されている部分があり、疑問に思った方もいるかと思います。

pips(ピップス)とは、通貨ペアごとの統一単位のことです。

米ドル/円や/ポンド円など、対円の通貨ペアは「銭」で表記されていますが、ユーロ/米ドルやポンド/米ドルなど対円以外の通貨ペアの場合、この「pips」で表記されます。

対米ドル(後ろに米ドルがくる)通貨ペアの場合、「1pip(s)=0.01セント」です。

pipsの「s」は複数形のsのため、単数の場合正確にはpipsではなく「pip」です。

スプレッドまとめ

  • スプレッド=FXの実質的な手数料
  • スプレッドが狭ければ狭いほど利益が出しやすくなる
  • 取引コストを安くしたい場合、スプレッドが狭いFX会社がおすすめ
  • 「原則固定」でも変動する場合がある
【2019年最新版】おすすめFX会社ランキングTOP10【徹底比較】
エフ男 FX始めてみたいんだけど、どこのFX口座がいいのか分かんないんだよなぁ… FXの口座選びは利益を左右する大切なポイントですが、中には「初心者におすすめ!」と売り出しているにも関わらず、初心者が気づきに...

↑スプレッドだけでなくFX口座を総合的に比較したい場合は、こちらへどうぞ!

↑スプレッド比較表に戻る↑