【米国】アメリカの「雇用統計」とは?事前予想の方法も解説【2019】

アメリカの雇用統計とは FX必勝法
FXトレーダー エフ男
エフ男

Twitterとかでみんな「今日は雇用統計だ!」って盛り上がってるけど、雇用統計って一体なんなの?

雇用統計とは、毎月第1金曜日の日本時間21:30(4月〜10月)、22:30(11月〜3月)に発表されるアメリカの経済指標のこと。

正確には「前月12日を含む週の3週間後の金曜日」ですので、月によっては第1金曜日ではない場合もあります。

もちろん他の国にも雇用統計自体はあるのですが、FXではアメリカの雇用統計を意味することが多いです。

以下、雇用統計のこれまでの推移・事前予想の方法・トレード手法についても解説していきます!

「雇用統計」とは?なぜFX界みんなで盛り上がってるの?

雇用統計と一口に言っても様々な項目があり、主に以下の指標を総合したものを指します。

  • 失業率(←重要!)
  • 非農業部門雇用者数(←重要!)
  • 建設業就業者数
  • 製造業就業者数
  • 小売業就業者数
  • 金融機関就業者数
  • 週労働時間
  • 平均時給 など

たくさん項目があってFX初心者にとっては難しく感じてしまいますが、この中で特に注目すべきは「非農業部門雇用者数」と「失業率」。

主に「非農業部門雇用者数」と「失業率」の結果により、毎月米ドルの為替レートが一気に乱高下します。

そう!私たちFXトレーダーにとっては絶好のチャンスとなるわけです!

FXの経験をある程度積んだトレーダーたちは、みんな毎月第1金曜日の雇用統計発表前はチャートの前で正座待機しています(たぶん)。

米ドル/円の今現在の為替チャート今後の見通しなどについては、「金利上昇!米ドル/円(USD/JPY)の為替見通し・予想は?」も参考にしてみてくださいね。

米国・雇用統計 これまでの推移

「非農業部門雇用者数(前月比)」の推移

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年20.031.310.316.422.321.315.720.113.425.015.531.2
2017年22.723.59.821.113.822.220.915.6-3.326.122.814.8
2016年15.124.221.516.03.828.725.515.115.616.117.815.6
2015年25.729.512.622.32822.321.517.314.227.121.129.2
非農業部門雇用者数」とは、農業部門以外で働く雇用者数のこと。失業率と並び、雇用統計の中でも特に注目度が高い指標です。

こちらの指標は「雇用者数」ですので、数字が高いほど景気が良いと判断されます。

「失業率」の推移

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年4.14.14.13.93.84.03.93.93.73.73.73.9
2017年4.84.74.54.44.34.44.34.44.24.14.14.1
2016年4.94.95.05.04.74.94.94.95.04.94.64.7
2015年5.75.55.55.45.55.35.35.15.15.05.05.0
失業率」は、労働力人口における失業者の割合を指し、「(失業者÷労働力人口)×100」で算出されます。

もちろん失業率は、数字が低いほうが景気が良いと判断されます。

アメリカでは日本のような「終身雇用」「正社員」という考え方があまりないため、雇用状況にすぐに景気の良し悪しが反映される場合が多いのです。

予想と結果の差に注目!事前予想の確認方法

外為どっとコムの動画&Twitterが役立つ!

こうした雇用統計は、単に発表結果で為替レートが上下するのではなく、事前予想との差によって大きく変わります。

「予想ではマイナスだったが、結果はプラス」というサプライズがあった場合、さらに大きく変動します。

例えば2016年6月の雇用統計発表時は、非農業部門雇用者数が市場予想の+16.0万人を大幅に下回る+3.8万人という結果(先ほどの一覧表参照)だったため、わずか数分の間に2円近くも下落しました。

雇用統計時にトレードする際は、事前予想もチェックしておきましょう!

外為どっとコムでは雇用統計発表前に直前解説動画、さらに雇用統計発表時には生中継で動画を配信してくれています。

こちらは2018年12月の雇用統計(11月分)発表直前の解説動画です。

2019年1月(12月分)の動画を探してみたのですが、年末年始を挟んだからか公開されていませんでした…残念!発表時の生中継は通常通り行うようです。

こちらが外為どっとコムの雇用統計生中継動画です。2019年1月4日21:30から視聴できます。

外為どっとコムの売買比率情報

外為どっとコムでは利用者の売買比率も確認できるため、他のトレーダーが雇用統計でどんな予想をしてどんな仕込みをしているかを確認することも可能!

外為どっとコムのポジション比率

売買比率だけでなくポジション比率も確認できます。

外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の評判は?デメリットも大公開!
外為どっとコム公式サイトはこちら エフ男 外為どっとコムってよく聞くFX会社だけど…、外為オンラインの親戚みたいなもの? FX会社には「外為〇〇」という名前がやたら多いですが、それぞれ全く関係の...

また、事前予想をチェックする際、意外とTwitterが役立ちます。プロトレーダーや為替アナリストの方々が予想をつぶやいてくれているので、雇用統計の前に確認してみるのがおすすめですよ。

FXに関するおすすめTwitterアカウントは「FXの情報収集におすすめ!人気Twitterアカウント9選」で紹介しています。

FXの情報収集におすすめ!人気Twitterアカウント12選
「急に相場が動いたんだけど、原因が全く分からない」「原因が分からないから、損切りした方がいいのか判断がつかない」 そんなときにおすすめなのが、Twitter(ツイッター)! Twitterは娯楽のイメージが強いかもしれませんが、情報量や...

トランプ米大統領「雇用統計が楽しみだ」発言が問題に

雇用統計発表時に関わらず、トランプ大統領のTwitterアカウントはフォローしておくのがおすすめ!

バクダン発言をツイートし、相場が急変することもしばしばあります。

2018年6月1日(金)の雇用統計前には、アメリカのトランプ大統領が「雇用統計が楽しみだ」とTwitterに投稿をして波紋を呼びました。

その後発表された雇用統計は、失業率は低水準、非農業部門雇用者数は増加し、事前予想を大きく上回りました(上の表参照)。

FXトレーダー エフ男
エフ男

発表前に数字を匂わせちゃうとは何事でしょうね(今後のためにすかさずトランプ氏をフォローしたのは秘密だ)!

必勝!雇用統計発表時におすすめのFX会社

雇用統計におすすめのFX口座

雇用統計発表時のトレードでは、サクソバンク証券を利用するのがおすすめです。

2018年3月に矢野経済研究所が調査したところ、雇用統計発表時に約定率が100%だったFX会社はサクソバンク証券だけだったという衝撃的な結果となりました。

この調査は、値動きが激しくなる3月の米国雇用統計発表時(日本時間2018年3月10日22時30分前後)に合わせて行われた。調査対象は、ナロースプレッドでレートを提供している有力FX会社4社。調査の方法はマーケット注文(ストリーミング)で、1取引あたり10万通貨単位の米ドル/円、ユーロ/米ドルを、買(新規)⇒売(決済)、売(新規)⇒買(決済)の両建てで繰り返すというもの。スリッページは1pipに設定し、各社共、ペアごとに66回ずつ取引を行い、雇用統計の指標発表時を基準に、発表前30秒、発表後の3分間と6分間に区分し、発表前30秒と発表後3分間は約定率と配信レートを、発表前30秒と発表後3分間、6分間は約定率を調査した。

その結果、すべての取引で約定率が100%だったのはサクソバンク証券1社だけだった。

引用元:ロイター

せっかくスプレッド幅が狭かったとしても、スリッページしまくっていたら大損してしまいます。

経済指標発表時は、サクソバンク証券のように約定率が高いFX会社がおすすめですよ。

雇用統計発表前後のスプレッド

また、サクソバンク証券はスプレッドも「0.3銭原則固定」のFX会社より狭かったことが分かっています。

実は「スプレッド原則固定」のFX会社がスプレッドを固定しているのは、あくまで「原則」。

雇用統計発表時のように為替レートが急激に変動している場合、スプレッドが大きく開いている可能性があるのです。

FXトレーダー エフ男
エフ男

雇用統計発表前の情報収集は外為どっとコム、発表時の取引はサクソバンク証券を使ったらバッチリですね

ちなみにサクソバンク証券は、スキャルピングもOKなFX会社ですので、雇用統計発表時には非常におすすめのFX会社です。

FX必勝のカギ「サクソバンク証券」の評判は?デメリットも大公開!
サクソバンク証券の公式サイトはこちら エフ男 サクソバンク証券って名前は聞いたことあるけど、イマイチどんなメリットがあるのか分かんないんだよなぁ… エフ男 別に...

日程をチェック!2019年の雇用統計発表スケジュール

2019年の雇用統計発表スケジュールです。時間は全て日本時間で表記していますが、アメリカの夏時間・冬時間の関係で発表時間は21:30(4月〜10月)、22:30(11月〜3月)の2パターンがあります。

発表日発表時間
1月4日(金)22:30
2月1日(金)22:30
3月8日(金)22:30
4月5日(金)21:30
5月3日(金)21:30
6月7日(金)21:30
7月5日(金)21:30
8月2日(金)21:30
9月6日(金)21:30
10月4日(金)21:30
11月1日(金)22:30
12月6日(金)22:30

まとめ

FX初心者の場合、雇用統計によって大きなトレンドが発生しているときにヘタに手を出すと大やけどする可能性もありますので注意してくださいね。

FX初心者 エフ男
エフ男

初心者のうちは欲張って新たにポジションを保有するのは避け、損切りの準備をしながら「雇用統計って、こんなにもスゴイのか…!」とガクブルしておいた方がよさそうですね

雇用統計以外の経済指標やその活用法については、「FXに役立つ!経済指標・イベントカレンダー【リアルタイム更新中】」をご覧ください。

FXに役立つ!経済指標・イベントカレンダー【リアルタイム更新中】
【毎週更新】今週の経済指標・イベントカレンダー 今週の経済指標一覧です。日本やアメリカの経済指標はもちろんのこと、対円の主要通貨ペアに影響を及ぼしやすい国の指標もチェックできます。 リアルタイムで自動更新中! そもそも「経済指標」...