ポジショントレードで稼ぐコツ!保有期間や損切りタイミングも解説

FXのポジショントレードとは? 基礎知識

FXのトレードスタイルは、大きく分けて以下の4種類!

ポジショントレードは最も取引期間が長く、数週間から数か月、場合によっては数年間ポジションを保有します。

ポジショントレード初心者
エフ男

数年?!そんなにポジション持ち続けて、何かいいことあるの?FXってガンガン取引繰り返すイメージだったけど…

なんだか地味なイメージのポジショントレードですが、毎日スワップポイントが貯まるため、スキャルピングやデイトレにはない稼ぎ方もできるのです!

以下、ポジショントレードの稼ぎ方や注意点などについて解説します。

得られるスワップポイントは、FX口座によって大きく異なります。

ポジショントレードでは、スワップポイントによって利益に大きな差が出てしまうため、みんなのFXLIGHT FXのようになるべく好条件の口座で取引しましょう。

ポジショントレードとは?やり方・方法は?

長期保有で大きな値幅を狙う

ポジショントレードでは主に週足・月足チャートを用いて取引し、500〜1000銭(5〜10円)規模で利食いを狙っていきます。

1万通貨での取引では500銭(5円)の利幅で5万円の利益、1000銭(10円)で10万円の利益となり、さらにスワップポイントが加算されます。

デイトレードなどのように取引機会は多くないので、1通貨ペアだけだと数か月間取引できない場合もあります。

リスク分散の観点からも、さまざまな通貨ペアをチェックしてみるのがおすすめですよ。

金利差でも稼げる!

ポジショントレードのメリット

ポジショントレードの最大の魅力は、スワップポイントでも稼げること。

スワップポイントとは、日本円のように低金利(政策金利0.10%)で海外の高金利通貨を買うと、金利差の調整分として現金還元してくれる仕組みのことです。

ポジショントレードの魅力
エフ男

なんとも太っ腹な仕組みですね!「金利」って響きがまた魅力的だなぁ

スワップポイントについては「スワップポイントとは?」にて詳しく解説しています。

スワップポイントで稼ぐには?おすすめ通貨ペア・FX会社も紹介
スワップポイントの魅力や注意点、安全かつ効率的に稼ぐ方法も紹介!FXは為替差益を狙うイメージが強いですが、このスワップポイントで金利もGETできるのです!放置していて、毎日自動的に利息が貯まっていったら結構嬉しいですよね。

FXというと忙しくトレードを繰り返すイメージが強いですが、このスワップポイントを目的として数年単位でポジションを長期保有するトレーダーも少なくありません。

スキャルピングやデイトレードは投機的な面が大きいですが、スイングトレードやポジショントレードはより投資的な意味合いが強いと取引方法です。

超高金利!ポジショントレードでおすすめの通貨ペア TOP3

スワップポイント運用では、以下3つの通貨ペアが注目を集めています。

1. トルコリラ/円(TRY/JPY)

【金利爆上げ】トルコリラは今が狙い目?今後の為替見通しは?
トルコリラは政策金利24%!FXのスワップポイント運用で大注目の通貨です。為替レートは「一体どこまで下がるの?」という状況でしたが、野村證券の予想レンジによると今後上昇する可能性もありそうです。トルコリラのこれまでの推移・今後の為替見通しも解説します!

トルコの通貨、トルコリラ(TRY)。超高金利通貨ではありますが、2018年8月に史上最安値を更新したこともあり何かと話題の通貨です。

2. メキシコペソ/円(MXN/JPY)

メキシコペソ/円の特徴や見通し・スワップポイント&スプレッド比較!
メキシコペソの効率的な稼ぎ方・今後の為替見通しも解説!FXのスワップポイント運用で人気の通貨ですが、近年は米国との関係悪化が下落の一因となっています。メキシコペソ/円のスワップポイント&スプレッド比較表も用意していますので、なるべく有利な条件で運用しましょう!

メキシコの通貨、メキシコペソ(MXN)。近年利上げが続いていることもあり、2018年頃から新たにメキシコペソ/円の取り扱いを開始するFX会社も増えてきています。

3. 南アフリカランド/円(ZAR/JPY)

南アフリカランド今後の見通し・スワップポイント&スプレッド比較!
南アフリカランド(ZAR)は超高金利通貨!南アフリカ中銀(SARB)が2年8か月ぶりの利上げを行いました。南アフリカランド/円の特徴やFXでの稼ぎ方、今後見通しをわかりやすく解説します!FX会社のスワップポイント比較一覧表もありますよ。

南アフリカの通貨、南アフリカランド(ZAR)。しばらく利下げが続いていましたが、2018年11月に2年8か月ぶりの利上げが行われました。

ポジショントレードでおすすめのFX会社 TOP3

ただし、これらの高金利通貨でポジショントレードをしても、受け取れるスワップポイントはFX会社によって大きく異なります。

数か月〜数年単位で保有しているとさらに差が拡大してしまうため、FX会社は慎重に選びましょう!

ポジショントレードは長期間で大きな値幅を狙っていくため、スプレッドよりもスワップポイント重視で選ぶのが一般的です。

トレイダーズ証券のみんなのFXLIGHT FXでは、トルコリラ/円・メキシコペソ/円・南アフリカランド/円のいずれもスワップポイントが業界最高水準のため、ポジショントレードでおすすめですよ。

また、アイネット証券でも、トルコリラ・メキシコペソ・南アフリカランドを高水準のスワップポイントで取り扱っています。

その他、各社のスワップポイントは「スワップポイント比較表」をご覧ください。

ポジショントレードの注意点!リスクを回避するコツ・手法は?

1. 損切りのタイミングは慎重に

ポジショントレードは保有期間が長いので、一時的に大きな含み損になる場合もありますが、10銭程度なら誤差の範疇です。

取引を開始したレートの近くに逆指値注文(ストップロス注文)を出すとすぐにロスカットされてしまうので、ポジショントレードではある程度広い幅で逆指値注文をするのがおすすめです。

とはいえ、米ドルなどはある程度為替レートが下落しても戻ってくることも多いのですが、新興国通貨の場合は一向に戻ってこないこともあります。

トルコリラ円のポジショントレード

【↑クリックで拡大できます】

こちらはトルコリラ/円の過去約5年間の為替チャートですが、ここ数年下落が続いているのに加え、2018年8月には一気に大暴落しました。

ポジショントレードのリスク
エフ男

5年前と比較すると、びっくりレベルで下落していますね…

逆指値注文は広めの幅で設定しておくのがおすすめですが、それ以外にも損切りをするタイミングの見極めが必要です。

損切りのタイミングについては、「損切りできない人必見!大損回避のタイミングをホリエモンに学ぶ」を参考にしてみてくださいね。

2. レバレッジは低くしておく

ポジショントレードでは、なるべくレバレッジを低くしておきましょう!

高倍率でレバレッジをかけていると、一時的な為替レートの下落でも簡単にロスカットされて大損してしまいます。

特に変動リスクの高いトルコリラなどでは、目安として1〜3倍に抑えておくのがおすすめです。

レバレッジの計算方法については「【レバレッジとは?】少額でFXができる理由!計算方法も解説」を参考にしてみてくださいね。

3. 経済指標・為替ニュースを確認する

基本的には放置でOKなポジショントレードですが、重要な経済指標などファンダメンタルズ情報はチェックしておきましょう。

FXでも株式でも、ファンダメンタル面で相場が急変することが多々あります。

デイトレードなど日々の値動きはテクニカル面が大きな判断材料となりますが、取引期間が長ければ長いほどファンダメンタル面の重要性が増してきます。

そのため数週間〜数年に渡るポジショントレードでは、ファンダメンタルズ分析が勝率アップに直結するのです!

その他、ファンダメンタルズ分析に関しては「ファンダメンタルズ分析とは?手法は?テクニカル分析との違いも解説」を参考にしてみてくださいね。

ポジショントレード まとめ

  • ポジショントレードとは、数週間〜数年の長期で取引する手法
  • 為替差益だけでなく、スワップポイントでも稼げる
  • 効率よく稼ぐなら、スワップポイントが高いLIGHT FXみんなのFXがおすすめ

トレードスタイル一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました