「FXトレードNews」へようこそ!

FXトレードNewsは「FXとは?やり方は?」「初心者でも勝てる必勝法ないの?」など、初心者によくある疑問を解決するためのFX入門サイトです。

FX初心者 エフ男
エフ男

FXトレーダーの「エフ男」です!現在この「FXトレードNews」で修行中です。私と一緒に、FXの最新情報をチェックしていきましょう!

FX (エフエックス)とは?

【金利もGET】ポジショントレードとは?FXの長期売買で稼ぐコツ

FXのポジショントレードとは? FX初心者

FXのトレードスタイルは、大きく分けて以下の4種類!

ポジショントレードは最も取引期間が長く、数週間から数か月、場合によっては数年間ポジションを保有します。

なんだか地味なイメージのポジショントレードですが、スキャルピングやデイトレにはない稼ぎ方もある魅力的なトレードスタイルなのです!

ポジショントレードの稼ぎ方や注意点などについて解説します。

ポジショントレードのやり方は?

ポジショントレードでは主に週足・月足チャートを用いて取引し、500〜1000銭(5〜10円)規模で利食いを狙っていきます。

1万通貨での取引では500銭(5円)の利幅で5万円の利益、1000銭(10円)で10万円の利益となり、さらにスワップポイントが加算されます。

デイトレードなどのように取引機会は多くないので、1通貨ペアだけだと数か月間取引できない場合もあります。

リスク分散の観点からも、さまざまな通貨ペアをチェックしてみるのがおすすめですよ。

長期保有で「スワップポイント」でも稼げる!

ポジショントレードのメリット

ポジショントレードの最大の魅力は、スワップポイントでも稼げること。

スワップポイントとは、日本円のように低金利(政策金利0.10%)で海外の高金利通貨を買うと、金利差の調整分として現金還元してくれる仕組みのことです。

ポジショントレードの魅力
エフ男

なんとも太っ腹な仕組みですね!「金利」って響きがまた魅力的だなぁ

スワップポイントについては「【憧れの金利生活】スワップポイントとは?高金利通貨で利息をGET」にて詳しく解説しています。

FXというと忙しくトレードを繰り返すイメージが強いですが、このスワップポイントを目的として数年単位でポジションを長期保有するトレーダーも少なくありません。

スキャルピングやデイトレードは投機的な面が大きいですが、スイングトレードやポジショントレードはより投資的な意味合いが強いといえるでしょう。

金利が高く、スワップポイント運用で人気の外貨には以下のようなものがあります。

NZドル豪ドルもかつては高金利で人気でしたが、2018年現在は米ドルの方が金利が高い状態です。

ただし、これらの高金利通貨でトレードしても、受け取れるスワップポイントはFX会社によって大きく異なります

スワップポイントが高いFX会社については「スワップポイント比較一覧表」を参考にしてみてくださいね。

トルコリラ・メキシコペソ・南アフリカランドのポジショントレードではトレーダーズ証券の「みんなのFX」、米ドル・豪ドル・NZドルではGMOクリック証券が最高水準のスワップポイントが受け取れておすすめです。

ポジショントレードとスイングトレードはどっちがおすすめ?

スイングトレードとの違い
エフ男

スイングトレードでもスワップポイントが貯まると思うんだけど、どっち方が稼ぎやすいの?

数日〜1週間程度ポジションを保有するスイングトレードでも、ある程度スワップポイントが貯まります。

「せっかくならずっと放置で稼げた方が楽だなぁ〜」と思うかもしれませんが、ポジショントレードは損切りのタイミングが結構難しいのです。

特に新興国の高金利通貨であるトルコリラ・メキシコペソ・南アフリカランドは変動リスクも高いため、せっかくスワップポイントが貯まっても為替レートの下落によってそれ以上の損失となってしまう場合もあります。

初心者のうちは、ひとまずスイングトレードから始めてみるのがおすすめですよ。

スイングトレードの手法・コツなどについては「金利でも稼ぐ!スイングトレードの実践的な手法・コツ・勝ち方まとめ」にて解説しています。

金利でも稼ぐ!スイングトレードの実践的な手法・コツ・勝ち方まとめ
FXの代表的なトレードスタイルには、大きく分けて以下の4種類があります。 スキャルピング(数秒〜数分間) デイトレード(数十分~1日) スイングトレード(数日〜1週間程度) ポジショントレード(数週間〜数年程...

ポジショントレードの注意点!リスクを回避するコツ・手法は?

損切りのタイミングは慎重に

ポジショントレードは保有期間が長いので、一時的に大きな含み損になる場合もありますが、10銭程度なら誤差の範疇です。

取引を開始したレートの近くに逆指値注文(ストップロス注文)を出すとすぐにロスカットされてしまうので、ポジショントレードではある程度広い幅で逆指値注文をするのがおすすめです。

とはいえ、米ドルなどはある程度為替レートが下落しても戻ってくることも多いのですが、新興国通貨の場合は一向に戻ってこないこともあります。

トルコリラ円のポジショントレード

【↑クリックで拡大できます】

こちらはトルコリラ/円の過去約5年間の為替チャートですが、ここ数年下落が続いているのに加え、2018年8月には一気に大暴落しました。

ポジショントレードのリスク
エフ男

5年前と比較すると、びっくりレベルで下落していますね…

逆指値注文は広めの幅で設定しておくのがおすすめですが、それ以外にも損切りをするタイミングの見極めが必要です。

FXではなく株式の話なのですが、堀江貴文氏の「多動力」という本に損切りについて語られている部分があったので紹介します。

藤野さんが「損切り」についてしていた話がおもしろかったから紹介しよう。

あなたが1000万円で買った株が200万円になりました。

売るべきですか? 売らないべきですか?

みなさんはどう考えるだろうか。

これは東電株の話だったが、ここで重要なのは、800万円の損をしたことはとりあえず忘れるということだ。

そして、フラットな目で、今から東電の株を買うとしたら200万円出すに値するのか、それとも200万円あるならば、他の株を買ったほうがいいのかを考えることだ。

800万円の損をしたということは、ただ感情の問題であって、株の価値には本来まったく関係のない話だ。

だから、売るべきか、売らないべきかの判断にはそれをもちこんではいけないのだ。

引用元:多動力

損切りはなかなか勇気が必要なのですが、損した過去を一旦忘れると客観的な判断ができておすすめですよ。

その他損切りのタイミングについては、「損切りできない人必見!大損回避のタイミングをホリエモンに学ぶ」を参考にしてみてくださいね。

レバレッジは低くしておく

ポジショントレードでは、なるべくレバレッジを低くしておきましょう!

高倍率でレバレッジをかけていると、一時的な為替レートの下落でも簡単にロスカットされて大損してしまいます。

特に変動リスクの高いトルコリラなどでは、目安として1〜3倍に抑えておくのがおすすめです。

レバレッジの計算方法については「【レバレッジとは?】少額でFXができる理由!計算方法も解説」を参考にしてみてくださいね。

経済指標・為替ニュースを確認する

基本的には放置でOKなポジショントレードですが、重要な経済指標などファンダメンタル情報はチェックしておきましょう。

FXでも株式でも、ファンダメンタル面で相場が急変することが多々あります。

デイトレードなど日々の値動きはテクニカル面が大きな判断材料となりますが、取引期間が長ければ長いほどファンダメンタル面の重要性が増してきます。

そのため数週間〜数年に渡るポジショントレードでは、ファンダメンタル情報が勝率アップに直結するのです!

経済指標に関しては、「FXに役立つ!経済指標・イベントカレンダー【リアルタイム更新中】」をブックマークしてご利用ください。

1週間分の経済指標をリアルタイムで自動更新しています。

その他のトレードスタイルもチェック!

スキャルピング(期間:数秒〜数分間)

FXスキャルピングで稼ぐには?やり方・手法・勝ち方まとめ
FXの代表的なトレードスタイルには、大きく分けて以下の4種類があります。 スキャルピング(数秒〜数分間) デイトレード(数十分~1日) スイングトレード(数日〜1週間程度) ポジショントレード(数週間〜数年程度)...

スキャルピングでは、トレンドに乗って数秒〜数分間で取引を繰り返します。

ただし、スキャルピングを禁止しているFX会社も多くあり、場合によっては口座凍結される恐れもあるので要注意です。

スキャルピングを公認or禁止していないFX会社には、サクソバンク証券FXプライムbyGMOマネーパートナーズがあります。

デイトレード(期間:数十分~1日)

FXはデイトレードから始めよう!初心者でも稼ぐ7つのコツとは?
エフ男 FXって、どのくらいの期間ポジション保有するのが一般的なんだろう? FXの代表的なトレード期間には、大きく分けて以下の4種類があります。 スキャルピング(数秒〜数分間) デイト...

デイトレードは数十分~1日間ポジションを保有します。初心者の方に最もおすすめなトレードスタイルです。

スイングトレード(期間:数日〜1週間程度)

金利でも稼ぐ!スイングトレードの実践的な手法・コツ・勝ち方まとめ
FXの代表的なトレードスタイルには、大きく分けて以下の4種類があります。 スキャルピング(数秒〜数分間) デイトレード(数十分~1日) スイングトレード(数日〜1週間程度) ポジショントレード(数週間〜数年程...

スイングトレードは数日〜1週間程度で取引します。FXに十分慣れていない場合は、ポジショントレードよりもスイングトレードから始めるのがおすすめです。

← トレードスタイル一覧に戻る