損切りの目安・設定方法は?大損回避のルールをホリエモンに学ぶ

損切りできない人 基礎知識

FX初心者にとって、非常に重要なテーマ「損切り」。

損切りとは、損失を抱えている状態で保有しているポジションを決済して、自ら損失を確定させることをいいます。

保有ポジションの価格が下落して、為替レートの回復が見込めないと判断した場合、そのまま保有し続けたら、さらに下落して損失が拡大する可能性もありますよね。

そんなときに損切りすることで、それ以上損失が膨らまないよう対策することができるのです!

実は損切りができないのは、初心者の典型的な失敗パターンとして広く知られています。

損切りできない人
エフ男

損切りが大事なのは分かってる!…分かってるんだけど、損失を抱えている状態で決済するのは、とても勇気がいることなんですよね

損切りの目安徹底させる方法まで、詳しく解説していきます。

人はなぜ損切りできないのか?

「プロスペクト理論」とは?

損切りできない理由に関しては、行動経済学のプロスペクト理論が大きく関係しています。

プロスペクト理論とは、確率が分かっている状況において、人がどのような意思決定をするかをモデル化したもの。

例えば、以下のようなケースに該当します。2つの質問をしますので、A・Bどちらかを選んで回答してみてください。

ケース1. 利益の場合

あなたが下記2つの選択肢を提示されたら、A・Bのどちらを選びますか?

株式の投資家
選択肢A

無条件で10万円プレゼントします。

株式の投資家
選択肢B

コインを投げて、表が出たら20万円プレゼントします。裏が出たら、何もあげません。

ケース2. 損失の場合

今あなたが20万円の借金を抱えているとします。下記2つの選択肢を提示されたら、A・Bのどちらを選びますか?

証券会社の人
選択肢A

無条件で借金を10万円免除します。

証券会社の人
選択肢B

コインを投げて、表が出たら借金を全額免除します。裏が出たら、借金は20万円のままです。

コインが表になる確率も裏になる確率も2分の1ですので、ケース1では選択肢ABともに期待値は+10万円、ケース2では−10万円です。

ケース1でAを選んだ人ならばケース2でもAを選びそうですが、ケース1でAを選んだ人の多くがケース2ではBを選んでしまうということが実証されているのです。

利食いは早く、損切りは遅くなる理由

私たちは知らず知らずのうちに、利益の場合は利益の確保を優先、損失の場合は損失自体の回避を優先しています。

これを、損失回避バイアスといいます。

FXでも同じような理由で、10万円の含み益が出ていたらすぐに利確したくなりますが、10万円の含み損の場合は損失自体を回避するためになかなか損切りできなくなってしまうのです。

いくらで損切りしたらいい?目安・タイミングの判断方法

「損した過去」を一旦忘れる

FXではなく株式投資の話なのですが、ホリエモンこと堀江貴文氏の「多動力」という本に損切りの目安について語られている部分があったので紹介します。

FXにも株式にも恋愛にも人生にも通じる考え方なので、ぜひご一読ください。

藤野さんが「損切り」についてしていた話がおもしろかったから紹介しよう。

あなたが1000万円で買った株が200万円になりました。

売るべきですか? 売らないべきですか?

みなさんはどう考えるだろうか。

これは東電株の話だったが、ここで重要なのは、800万円の損をしたことはとりあえず忘れるということだ。

そして、フラットな目で、今から東電の株を買うとしたら200万円出すに値するのか、それとも200万円あるならば、他の株を買ったほうがいいのかを考えることだ。

800万円の損をしたということは、ただ感情の問題であって、株の価値には本来まったく関係のない話だ。

だから、売るべきか、売らないべきかの判断にはそれをもちこんではいけないのだ。

引用元:多動力

損切りを学ぶ株式初心者
エフ男

つまり、損切りする場合は「損した過去」を一旦忘れ、今現在の価値で考えるべし!ということですね

損切りできない貧乏人
エフ男

彼女や奥さんに損切りされないためには、今現在の価値を磨き続けるしかないようですね…(彼女も奥さんもいないけど)

また、「これまで下がり続けてきたのだから、今度は上がるだろう」と安易に考えるのも禁物です。

確率だけで考えると、未来に上がる可能性も下がる可能性もそれぞれ2分の1。過去の結果とは独立しているのです。

例えば、コインを投げて10回連続で表が出たとします。

多くの人が「これだけ表が出たのだから、次こそは裏が出るだろう」と考えるでしょうが、冷静になって考えてみると、11回目に投げるコインも表裏が出る確率はそれぞれ2分の1。

単に「下がり過ぎているから」「上がり過ぎているから」という理由で損切りをためらっていると、次第に収拾がつかなくなってきてしまうので要注意です。

チャート分析ツールを確認してみる

「損切りした途端に反転した…」という悲劇を避けるためには、FX会社が無料で提供しているチャート分析ツールを確認してみるのもおすすめです。

損切りタイミングの分析法

【↑クリックで拡大できます】

こちらはの外為どっとコム分析ツールですが、過去のデータの中から近似したものを抽出し、自動で為替予想をしてくれます。

まだテクニカル分析が覚えきれていない初心者の方は、損切り前に確認してみるのがおすすめですよ。

その他のチャート分析ツールについては「初心者でも楽々チャート分析!FXのおすすめ便利ツール一覧【無料】」にて紹介しています。

楽々チャート分析!売買シグナルを無料配信してくれるFXツール
無料で売買シグナルを配信してくれるチャート分析ツールを7つ紹介!ドラえもんに頼らずとも、未来の値動きを自動予測してくれる便利ツールが存在します。売買シグナルを無料配信してくれるので、チャート分析方法を覚えきれていない初心者でも安心ですよ。

損切りを徹底させる3つの方法・コツ

トータルで勝つことを意識する

FXは勝敗の回数ではなく、合計での利益額が重要です。

  • 5勝3敗→合計でマイナス
  • 3勝5敗→合計でプラス

この2パターンの場合、当然後者の「3勝5敗→合計でプラス」の方が儲かります。

つまり、損切りによって損失を最小限に抑えることができれば、合計でプラスを狙うことが可能です。

FXでは、それぞれのポジションで勝つことも大事ですが、それ以上に損失を最小限に抑えることがトータルでの勝敗を分けるともいえます。

ストップ注文(逆指値注文)を設定する

損切りを徹底するには、「ストップ注文(逆指値注文)」を設定しておくのが有効的です。

ストップ注文は、許容できる損失の限界点を決めて、それ以上の損失が出た場合に自動で損切りを行ってくれる注文方法。

実際に損失が膨らみ始めてからでは判断力が鈍るため、あらかじめ設定しておきましょう!

上の動画は、外為オンラインの指値・逆指値の注文方法を解説したものです。

FXの指値注文・逆指値注文とは?やり方・覚え方もわかりやすく解説
仕事や家事をしているときなど、常にFXの取引画面をみているわけにはいかないですよね…。そんなときに便利なのが、この指値・逆指値注文!指値注文や逆指値注文をしておけば、為替レートが指定した価格になると自動的に注文が成立するため、取引画面を見ていなくてもOK!

それでもダメなら自動売買

自動で損切りできるFX取引方法

損切りしない貧乏人
エフ男

「許容できる損失の限界点」って言われても、実際にどこまで許容していいのかわからないんだよなぁ…

そんなあなたには、自動売買(システムトレード)がおすすめ!

自動売買とはその名の通り、私たちが仕事している間も寝ている間も、自動的に最適なタイミングで取引してくれます。

自動売買の場合は、常にシステム通りに理性的なトレードをしてくれるので、なかなか損切りができない方におすすめです。

初心者の方が自動売買を使うと、

「え〜!もう損切りしちゃうの?!これから上がってくるかもしれないのに…」

「こんなに利益が出てるのにまだ決済しないの?!下がる前に早く利確してくれー!!」

…なんて思うかもしれませんが、結果的に自分で裁量トレードするより利益が多く出る可能性が高いです。

自動売買は、損切りのメンタルを養うためにもおすすめですよ。特に初心者のうちは、頼れるものにはしっかり頼っていきましょう!

【少額OK】FX自動売買は儲かる?初心者におすすめの始め方とは?
自動売買(システムトレード)は勝手に最適なタイミングでトレードしてくれるので、私たちFXトレーダーは基本的に放置でOK!FX初心者でも、システムが自動的にプロさながらの取引をしてくれるという優れモノなのです。デメリットや注意点もわかりやすく解説します!

損切り まとめ

  • 損切りができないのは、初心者の典型的な失敗パターン
  • FXはトータルで勝つことが大事
  • 損切りするタイミングは「損した過去」を一旦忘れて考える

損切り以外の典型的な失敗パターンについては、下記のページも参考にしてみてくださいね。

FXで大損!初心者が陥る典型的な失敗例まとめ【私の体験談アリ】
FX取引で失敗しないためには、失敗パターンについて知っておくことが大切!事前に失敗例を知っているかどうかで、勝率がかなり変わってきますよ。最低限の知識もつけずに「なんとなく」で始めると、FXの罠にハマって大損することになります。私の大損体験談も暴露します!
タイトルとURLをコピーしました