【レバレッジとは何?】FXでの意味や仕組み、計算方法も超わかりやすく解説!

FXのレバレッジとは?基礎知識
エフ男

レバレッジって、一体何なの?どういう意味なんだろう?

レバレッジとは、少額の資金でも多額の投資ができる仕組みのこと。FXが約4,000円という少額で始められるのも、この仕組みのお陰なんですよ。

以下、レバレッジの仕組みやリスク自分で計算する方法もわかりやすく解説します。

レバレッジとは何?FXでの意味や仕組みは?

レバレッジ(leverage)とは、元々「てこの原理」を意味します。てこが小さな力で大きな力を生み出すように、FXでは少額でも何倍もの額が取引できるのです。

実際に持っている以上のお金を、最大で25倍までFX会社から一時的に借金して取引するイメージです。

例えば、1万円の資金でも最大25倍、つまり25万円分の取引が可能!

FX会社が信用してお金を貸してくれている形のため、借金などとは異なり利子が取られることもありません。

株式投資でも信用取引といってレバレッジが使える取引方法もあるのですが、こちらは最大でも約3.3倍まで。

一方、FXのレバレッジは最大25倍までなので、1,000通貨単位で始めれば約4,000円で取引ができるんですよ。

エフ男

このレバレッジのおかげで少額から取引できるんですね

ただし、約4000円という少額で取引できるのは、みんなのFXLIGHT FXなど一部のFX会社のみなので注意してくださいね。

FXレバレッジのリスク・デメリット

とても魅力的な仕組みのレバレッジですが、リスクも伴います。倍率を上げると、もし予想と逆の値動きになった場合その分損失額も大きくなります

海外FXは200倍以上のレバレッジがかけられるのですが、一獲千金の「億り人」を目指して海外FXでハイレバレッジをかけ、多額の借金を抱えてしまう人もいるので要注意です。

A男さんは、手始めにクレジットカードを利用して50万円分入金しました。運悪く初めての海外FXは惨敗……。そこで、損失を取り返そうとまたしてもクレジットカードで50万円を入金。それもうまくいかず、また50万円を入金。それもうまくいかずにまた50万円を入金と繰り返しているうちに気がつけば、200万円もの借金を抱えることに。

【中略】

結局、一発逆転を夢見て挑戦した海外FXでしたが、200万円の借金返済だけが残る結果となってしまいました……。

プロトレーダー並みに実績をあげている場合を除き、ハイレバレッジ目的で海外FXを始めるのはおすすめできません。

また、海外の業者では出金できないなどのトラブルが多発しています。レバレッジが低くても、国内業者でコツコツ稼ぐのがおすすめですよ。

さらに、少額の証拠金(FX口座に預けている資金)で高倍率のレバレッジをかけると、ロスカットされやすくなります。

レバレッジの倍率を低くしておけばロスカットされにくくなりますが、もし少額でレバレッジを高倍率にした場合、ちょっとした損失でも強制決済されてしまいます。

レバレッジを低くしていれば、多少損失が出ていても回復を待つことができますが、少額で高倍率にしている場合はそれさえもできません。

FXレバレッジのリスクを回避する方法

初心者がレバレッジを利用する場合、倍率を1〜5倍ほどに留めておきましょう!

特に長期売買でスワップポイントを貯める場合は、1〜3倍に抑えておくのがおすすめですよ。

エフ男

レバレッジが低いほどリスクが抑えられるってのはなんとなく分かったけど…倍率ってどうやって下げたらいいの?

自分でレバレッジを下げる具体的な方法はこの後詳しく解説しますが、簡単に説明すると取引で使うお金よりも多めに入金しておくことで倍率を下げることができます。

ただし、DMM FXGMOクリック証券LINE FXなど最小取引単位が1万通貨のFX口座でレバレッジを抑えて取引するには、数十万円単位の資金が必要となってしまいます。

エフ男

いくらリスクが抑えられるからって、数十万円も一気に入金するのはちょっと…!

なるべく少額でレバレッジを抑えたい場合は、みんなのFXLIGHT FXなど1,000通貨から取引できる口座を利用するのがおすすめですよ。

1,000通貨での取引なら、数万円程度の資金でレバレッジを抑えることもできます。

それでは自分でレバレッジを調整する方法について、具体的に確認していきましょう。

FXレバレッジの計算方法

レバレッジの設定は各FX会社によって仕組みが異なります。自動的に倍率が設定されるFX会社がほとんどですが、自分で計算して調整することも可能です。

自身で計算する方法は、以下の通り。

レバレッジ取引金額(通貨のレート×取引数量) ÷ FX口座の金額

例えば、以下の条件で日本円で米ドルを買ったと仮定してみます。

  • 米ドル/円のレート…1ドル=110円
  • 取引数量…1,000通貨
  • 口座内の金額…30,000円

こちらの条件を上の計算式に当てはめてみると、次のような計算になります。

取引金額(110円×1,000通貨) ÷ FX口座の金額(30,000円) = レバレッジ3.6倍

つまり、口座に余裕を持って入金しておくことで、レバレッジの倍率を下げることができるのです。

上の計算のように、たとえ1,000通貨単位の取引でも、3倍程度に抑えるには30,000円ほどの証拠金が必要です。

取引自体は4,000〜5,000円ほどあれば成立してしまうのですが、ギリギリの金額しか入金していないとすぐにロスカットされてしまうので気をつけてくださいね。

FXレバレッジ1倍で「低コストな外貨預金」になる

レバレッジが利用できるのはFXの魅力ではありますが、あえてレバレッジを利用しないことでFXの魅力をさらに引き出すこともできます。

倍率1倍にすれば、低コストで外貨預金代わりにすることもできるのです!

一般的な外貨預金は、取引コストがぼったくりレベルに高いためおすすめはできません。

外貨預金とFXに違いについては、「徹底比較!外貨預金とFXの違いは?投資初心者にはどっちがおすすめ?」を参考にしてみてくださいね。

FXを外貨預金代わりにすれば、スワップポイントで毎日利益を得ることができます。

最大25倍から10倍へFXレバレッジが規制される可能性あり

現在は最大25倍まで利用できるレバレッジですが、最大10倍に規制される可能性もあります。

日本でも以前までは100倍以上のレバレッジをかけることが可能でしたが、金融庁が「金融商品取引業等に関する内閣府令の改正」を施行。

個人口座を対象に、2010年にレバレッジの最大を50倍、翌2011年には25倍までという規制がされました。

そして今後、最大10倍までに規制される見通しとなっていました。以下は、2017年12月18日の日本経済新聞からの引用です。

金融庁は18日、店頭外国為替証拠金取引(FX)の規制を見直す目的で、有識者検討会を設置すると発表した。

年間取引規模が5000兆円程度まで拡大するなど市場や金融システムにおける存在感が高まっており、決済リスクの管理を強化する必要があると判断した。

年明けに第1回会合を開き、2018年夏ごろまでに結論を取りまとめる。

証拠金倍率(レバレッジ)を現在の25倍から10倍に引き下げる案が浮上している。

金融庁は10倍が「過去に起こった最大の相場変動にも耐えられる水準」とみている。

レバレッジを10倍に引き下げる案は、2017年12月時点で「2018年夏ごろまで」に結論が取りまとめられる見通しでしたが、2018年5月に25倍で据え置かれるという報道がなされました。

金融庁は外国為替証拠金取引(FX)規制の一環で検討していた証拠金倍率(レバレッジ)を現行の25倍に据え置く方針を固めた。

まずは業者任せになっているストレステストの精緻化などで決済リスクの監視を強化することを優先する。

その後は結局、2018年6月12日、まさかのドンデン返しで結局業者ごとに上限が変えられることとなりました。

金融庁は12日、投機性が高い外国為替証拠金取引(FX)で元手の何倍まで取引が可能かを示す「証拠金倍率」の上限について、原則として引き下げる方向で変更することを決めた。

現在は一律で最大25倍に規制されているが、事業者ごとに上限を変える。

今後、健全性が低い業者を対象にレバレッジが引き下げられる予定ですが、具体的な時期などは明らかになっていません。

エフ男

決めるならはよ決めとくれやい〜

FXレバレッジ まとめ

  • 少額でも最大25倍の取引ができる仕組みのこと
  • 自分で計算・調整が可能!レバレッジ=取引金額 ÷ FX口座の金額
  • 少額の資金でレバレッジを抑えるには、少額(1,000通貨)対応のFX口座がおすすめ
  • 最大10倍に引き下げられる見通しだったが、結局業者ごとに上限が変えられることに