「FXトレードNews」へようこそ!

FXトレードNewsは「FXとは?やり方は?」「初心者でも勝てる必勝法ないの?」など、初心者によくある疑問を解決するためのFX入門サイトです。

FX初心者 エフ男
エフ男

FXトレーダーの「エフ男」です!現在この「FXトレードNews」でFXの修行中です。私と一緒に、FXの最新情報をチェックしていきましょう!

FX (エフエックス)とは?

今後どうなる?!NZドル(ニュージーランドドル)の為替見通しは?

ニュージーランドドル円の見通し 為替見通し

NZドル(ニュージーランドドル)は、スワップポイント運用でFXトレーダーに人気の通貨。

かつては豪ドルと肩を並べていましたが、今はNZドルの方が高金利

しかし、ニュージーランド準備銀行(RBNZ)が2018年8月9日に政策金利を1.75%に据え置き、また2020年まで政策金利を維持すると発言したことをきっかけに為替レートが急落しました。

NZドル投資家
エフ男

今後NZドル、一体どうなっちゃうの?

…ということで、以下NZドルの特徴・今後の見通しについて解説していきます。

NZドル/円(NZD/JPY)為替チャート【5分足】

NZドル/円のリアルタイム為替チャート(5分足)です。後ほどNZドル/円の過去10年間の為替チャート今後の見通しについても解説していきますので、まずは直近の為替レートをチェックしてみてくださいね。

NZドル(ニュージーランドドル)の特徴とは?

高金利!スワップポイント運用で人気の通貨

NZドルのスワップポイント

NZドル(ニュージーランドドル)は、スワップポイント運用でFXトレーダーに人気の通貨。

【憧れの金利生活】スワップポイントとは?高金利通貨で利息をGET
FXはトレードを繰り返して為替差益を狙うイメージがありますが、それ以外にも利益をGETする方法があります。 それが、このスワップポイント!2国間の金利差調整分として得られる利息のようなものです。 FXでは、日本円のような...

日本の政策金利は0.10%なので、FXで高金利のNZドルを保有すると金利差の調整分として現金で還元してくれるわけなのです。

ただし、同じNZドルの取引をしても、FX口座によって得られるスワップポイントは大きく異なります

スワップポイント&スプレッド比較表をご覧いただいても分かるように、GMOクリック証券がスワップポイント最高水準&スプレッド最狭水準でおすすめです。

NZドル vs. 豪ドル 政策金利比較!

それでは、NZドルと豪ドルの政策金利の推移を比較してみましょう!

NZドル(ニュージーランドドル) 政策金利の推移

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1.751.751.751.751.751.751.751.751.75
2017年1.751.751.751.751.751.751.751.751.751.751.751.75
2016年2.502.502.252.252.252.252.252.002.002.001.751.75
2015年3.503.503.503.503.503.253.003.002.752.752.752.50

豪ドル(オーストラリアドル) 政策金利の推移

 1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年1.501.501.501.501.501.501.501.501.501.50
2017年1.501.501.501.501.501.501.501.501.501.501.501.50
2016年2.002.002.002.001.751.751.751.501.501.501.501.50
2015年2.502.252.252.252.002.002.002.002.002.002.002.00

現段階では豪ドルよりNZドルの方が高金利な状態ですが、2018年内にオーストラリアが利上げする可能性も出てきています。

また、豪ドルの特徴や見通しについては、こちらのページをチェックしてみてくださいね。

【急落】豪ドルの為替見通しは?オーストラリア金利UPの可能性も!
スワップポイント運用でFXトレーダーに人気だった豪ドル(オーストラリアドル)ですが、ここ近年はちょっとだけ人気が下降気味。オーストラリアの政策金利が年々利下げされているのが主な原因です。 しかしながら、2019年に政策金利が利上げされ...

ちなみに金利の高さだけで言えば、トルコリラ(TRY)メキシコペソ(MXN)南アフリカランド(ZAR)などの方がかなり高いのですが、こうした新興国の高金利通貨は度々大暴落を起こしてFXトレーダーを地獄へ陥れるので要注意です。

ニュージーランドドル投資家
エフ男

トルコリラなどより多少金利が低かったとしても、NZドルが根強い人気を誇るのはこうした理由からなのですね!

中国やオーストラリアの経済と関係が深い

ニュージーランド経済は、輸出入の依存度が高いのが特徴。かつてはオーストラリアが最大の輸出先でしたが、2013年に中国へと変わりました。輸出全体の2割ほどが中国向けのものとなっています。

NZドル/円(NZD/JPY)でFX取引する際は、中国経済オーストラリア経済の動向もチェックしておくと役立ちますよ。

ニュージーランドとオーストラリアは地理的にも近いこともあり、過去の為替チャートを照らし合わせてみるとほぼ同じような値動きをしています。

豪ドルとNZドルの比較チャート

(↑チャートをクリックすると拡大できます)

NZドルと豪ドルの過去約20年間のチャートを、GMOクリック証券の比較チャートで照らし合わせてみました。オレンジ色のラインがNZドル、赤色のラインが豪ドルですが、下落のタイミングなどがほぼ一致しています。

ニュージーランドとオーストラリアの位置関係は、地図だとこちら。地図の左上に見える大陸がオーストラリアです。

上の比較チャートで利用したGMOクリック証券は、NZドルでも豪ドルでもスワップポイント最高水準&スプレッド最狭水準のため、効率よく稼ぐことができておすすめです。

参考 GMOクリック証券「FXネオ」の評判は?デメリットも徹底解説!

過去10年間のNZドル/円 為替チャート

NZドル/円 過去10年の為替チャート

NZドル/円(NZD/JPY)の過去約10年間の為替チャート(2008年1月〜2018年7月)です。

チャートをクリックすると拡大できますので、ぜひご活用ください。

NZドルはその後、2018年8月9日に政策金利の据え置きが発表され為替レートが急落しました。

[ウェリントン 9日 ロイター] – ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は9日、政策金利のオフィシャルキャッシュレート(OCR)を過去最低の1.75%に据え置くとともに、2020年終盤まで同水準で維持すると表明した。

金利据え置きは予想通りだったものの、5月時点に見込んだよりも長期にわたり金利を据え置くとした上、長引く景気減速に懸念を示したことから、NZドルは約2年半ぶり安値に下落した。

引用元:ロイター

NZドル/円の今現在のリアルタイム為替レートを確認したい場合は、冒頭のチャートへどうぞ!

今後のNZドル/円の為替見通し・予想は?

2018年8月、投資界のカリスマ野村證券は1年間のNZドル/円(NZD/JPY)の予想レンジを「1NZドル=72~78円」としています。

NZの政策金利は米国のそれを下回る水準にある上、RBNZによる利上げ時期が見通しにくいことから、NZドルには当面下押し圧力がかかりやすいと見られます。一方、ニュージーランドは主力輸出品が農産品であり、鉄鉱石が最大の輸出品である豪州に比べ、米国の関税引き上げや米中通商摩擦のリスクを回避しやすく、NZドルの下値リスクは限定的とみられます。野村證券では、向こう1年間のNZドルの対円相場のレンジを1NZドル=72~78円と予想しています。

引用元:野村證券

ニュージーランドドル投資家
エフ男

投資界のカリスマ野村さんがおっしゃると、説得力バツグンですね。
野村さん、いつもありがとうございます!

野村證券の為替予想は定期的(およそ1か月に1回)に更新されていますので、最新情報は公式サイトでチェックしてみてくださいね。

公式サイト 野村證券 マーケットアウトルック – ニュージーランドドル –

スワップポイント&スプレッドで比較!おすすめのFX会社はココ

FX会社スワップポイントスプレッド
GMOクリック証券43円1.2銭 [原則固定]
外為オンライン40円6.0銭 [原則固定]
YJFX!40円1.2銭 [原則固定]
サクソバンク証券40円1.0~1.3銭
アイネット証券38円1.1~1.5銭
FXブロードネット34円1.3銭 [原則固定]
みんなのFX30円2.5銭
FXプライムbyGMO
30円2.0銭 [原則固定]
DMM FX28円1.2銭 [原則固定]
(2018年10月情報更新)

NZドル/円のスワップポイントが特に高いFX口座をピックアップしてみました。その他の通貨ペアを比較した表は「スワップポイント比較一覧表」「スプレッド比較一覧表」をご覧ください。

NZドル/円のスワップポイントを効率よく貯めるなら、以下の3つのFX口座がおすすめです。

GMOクリック証券FXネオの評判

GMOクリック証券は、NZドル/円だけでなく豪ドル/円もスワップポイント最高水準&スプレッド最狭水準です。

豪ドル/円のスプレッド&スワップポイントに関しては、「豪ドルの為替見通しは?オーストラリア金利UPの可能性も!」をチェックしてみてくださいね。

公式サイト GMOクリック証券公式サイト

詳細ページ GMOクリック証券の詳細・評判

NZドル円のお勧めFX業者

通貨ペア数24ペア
最小取引単位1000通貨(※1)
取引手数料無料(※2)
取引ツール★★★☆☆
スプレッド★★★★★
スワップポイント★★★★☆
※1 南アランド/円は1万通貨。 ※2 注文方法によっては有料の場合あり。口座開設から90日間無料。

FXブロードネットはNZドル/円のスワップポイント高いだけでなく、スプレッドも最狭水準。

1000通貨単位での取引もできるので、「試しに少しだけNZドルのスワップポイントを貯めてみたい」という場合にも最適ですよ。

公式サイト FXブロードネット公式サイト

詳細ページ FXブロードネットの詳細・評判

FXスワップが高いYJFX!

通貨ペア数22ペア
最小取引単位1000通貨(※)
取引手数料無料
取引ツール★★★★★
スプレッド★★★★☆
スワップポイント★★★★★
※ 南アランド/円・人民元/円・香港ドル/円は1万通貨。

ヤフーグループのYJFX!は、NZドル/円だけでなく米ドル/円・豪ドル/円のスワップポイントも高い&スプレッドも狭くておすすめです。

YJFX!も1000通貨単位で取引可能。取引に応じてTポイントも貯まるお得なFX口座です。

公式サイト YJFX!公式サイト

詳細ページ YJFX!の詳細・評判

上記3口座のほか、外為オンラインサクソバンク証券アイネット証券もスワップポイントが高水準。

ただし、外為オンラインはスプレッドが広く、サクソバンク証券は取引ツールが中上級者向け、アイネット証券は約定力がイマイチです。

スワップポイントやスプレッドなどのバランスを考えると、NZドルや豪ドルの取引ではGMOクリック証券が最もおすすめですよ。

NZドル(ニュージーランドドル)まとめ

こちらもチェック!NZドル以外の高金利通貨

スワップポイント運用に役立つページ