FXで負ける人の共通点とは?「資金管理」で勝率アップする方法

FXの資金管理で勝率アップ基礎知識

FXで負ける人の共通点ってなんだと思いますか?

FXトレーダー
エフ男

知識不足とか、経験不足とかかな…?

知識やテクニック、メンタルなども敗因にはなり得ますが、実は負けている人の半数以上は資金管理・リスク管理がしっかりできていないと言われています。

裏を返せば、この資金管理をしっかりしておくことで勝率が大幅にアップする可能性があるのです!

資金管理する人
エフ男

資金管理やリスク管理なら、私でもすぐにできそうっすね!

資金管理法1. エクセルなどのツールで管理表を作る

↑FXの資金管理に役立つ動画。動画提供元はインヴァスト証券です。

Googleスプレッドシートなら無料で使える

プロトレーダー、つまりFXだけで生活できるほど勝ち続けている人達は、必ずといっていいほど資金管理表をつけています。

最初から完璧に行おうとすると続かなくなってしまうかもしれませんが、最低でもあらかじめその月に使える投資資金・目標額を記載しておき、その月が終わったら実績額も残しておきましょう!

私はGoogleスプレッドシートを利用していますが、他の端末とも簡単に同期できてエクセルよりもおすすめです。

FX初心者
エフ男

エクセルって買うと結構高いんで、こっちの方が良さそうですね

もちろんノートでもOK

もちろん、表計算ソフトが使い慣れていない場合は、ノートで資金管理するのもおすすめ!

ノートなら、そのときの気持ちなども自由に書きなぐれます。

「これが資金管理表の鉄板!」なんていうルールはないので、自分が後で振り返りやすい方法なら、スマホのメモアプリでもなんでもいいかと思います。

許容できる損失額もメモしておこう

また、「どこまでの損失なら許容できるか」もしっかり決め、資金管理表の分かりやすいところにメモしておきましょう。

頭の中だけで考えていると、ズルズル許容範囲が広がってしまう可能性があります。

資金管理では、損切りのラインをあらかじめ決めておくことも大切。

よく分からないままFX始めてみたら、いつの間にかロスカットされていた」なんていうのはFX初心者あるあるかと思いますが(かつての私だけでしょうか?)、そのような状態ではいつまで経っても勝てるようにはなりません

損切りについては、下記のページを参考にしてみてくださいね。

資金管理法2. 無料ツールを活用して振り返る

プロトレーダーであっても、負けは必ず経験します。しかし、負け続ける人との違いは、負けを意味のあるものに変えられるかどうかでしょう。

資金管理表と共に、その時の負けの原因改善点を考察してメモしておくと役立ちますよ。

資金管理におすすめの方法

また、セントラル短資FXパーソナルレコード機能を利用するのも一つの方法です。

FXの資金管理におすすめ

売買別に利益回数・損失回数・勝率なども提示してくれるため、トレードを振り返ったり自分のクセを把握するのに役立ちます。

資金管理法3. 目的によってFX口座を使い分ける

スキャルピングやデイトレード、スイングトレードなど、同じ口座で色んな内容の取引をしていると、ポジションなどがごちゃごちゃになってきてしまいますし、自分がどのトレード手法で利益を上げているのかも分かりづらくなってくるんですよね。

1つの口座で済ませたら全体の損益は分かりやすいかもしれませんが、今後のためにはなりません。

また、初心者の方はあまり意識していないかもしれませんが、トレード期間や通貨ペアによって、FX口座のメリット・デメリットは大きく異なります。

トレードスタイルや通貨ペアによってそれぞれ有利な条件の口座を使い分ければ、利益が生み出しやすいのはもちろんのこと、自分がどの手法で勝っているかも明確になります。

FXトレーダー
エフ男

今はみんなのFXをメインに使ってるんだけど、スプレッドもスワップポイントも条件が良いし、色んなトレード内容で使いたいんだよなぁ〜

みんなのFXを使っている方は多いでしょうが、同じくトレイダーズ証券のLIGHT FXの口座も持っておくと資金管理がしやすくなっておすすめです。

みんなのFXとLIGHT FXは、スプレッドやスワップポイントなどが同条件

デイトレードではみんなのFX、スワップポイント目的の長期売買はLIGHT FXという使い分けもできます。

私の場合は、みんなのFXでは自動売買のみんなのシストレをメインで使用し、裁量トレードはLIGHT FXという使い分けをしています。

FX初心者
エフ男

確かに、みんなのFXはみんなのシストレやみんなのオプションに資金振替ができて便利だけど、振替過ぎてると損益がワケわかんなくなってきちゃうんですよね

自分が資金管理しやすい分け方が一番ですが、今のところ私はこのスタイルで落ち着いています。

みんなのFXとLIGHT FXの違いについては、下記のページをご覧ください。

FX資金管理 まとめ

  • エクセルなどのツールで管理表を作る
  • あらかじめ損切りのラインを決めておく
  • トレード目的によって口座を使い分ける
  • FX口座のツールをフル活用して振り返る
タイトルとURLをコピーしました